理想のナースキャリアを確約する運命の看護師求人サイトを見つけよう!

新着情報 NEWS新着情報 NEWS

理想の看護師求人に出会うために必要なこと

看護師の多くが転職に関する悩みを抱えています

看護師は離職率の高い職業

新たに看護師となる人がいる一方で、看護師として働く多くの人が、転職に関する悩みを抱えています。日本看護協会が発表したデータによると、2011年度の看護職員離職率は、常勤看護師で10.9%、その内、新卒看護師職員の離職率は7.5%にのぼったと発表されています。

看護師の離職率は都市部に行くほど上昇傾向

離職する傾向は都市部になるほど多く、都道府県別の常勤看護師離職率でみると、大阪で14.3%、東京で14.2%などとなっており、実に7人に1人の割合で離職者がいる計算になります。看護職員の離職率は、過去数年間に比べると、常勤・新卒共に緩やかに改善傾向にはあるものの、夜勤負担の重さや、勤務体制の整備には病院ごとにばらつきが残るようです。特に1カ月の夜勤負担は、全体の約32%が72時間以上、約17%が80時間以上の夜勤を課せられているというデータもあります。

離職、転職をすることは一般的な選択の一つ

各医療機関において、看護師の配置基準など、体制の整備は進められていますが、大規模病院ならまだしも、中小規模の医療機関になればなるほど、整備の遅れが目立ちます。そのため、より良い勤務環境を求めて離職し、新たな勤務先へと転職することは、既に一般的な選択肢の一つとして、定着していると考えられます。

看護師の職場の悩みは転職によって解決できることがほとんど

看護師の働く病院や施設などの環境は自らのチカラで変えることは難しい

厚労省が2010年に実施した「看護職員就業状況等実態調査」によると、看護師の離職原因の一部には、次のようなトラブルが関係しているケースが多いようです。

  • 出産、育児
  • 結婚
  • 人間関係のトラブル
  • 自身や家族の健康トラブル
  • 夜勤の負担が大きい
  • 休みが取りづらい
  • 通勤が困難
  • 他分野への興味

各医療機関において、結婚後、出産・育児を経た後も、継続して働ける環境づくりの整備が進められているとはいえ、全ての機関で完全に整っているわけではありません。人員不足の現場では、整備が進むどころか、夜勤負担の増加や、休暇申請がしづらいなどといったトラブルも起こりやすいです。

また、周囲との連携・協力が不可欠な看護師の現場において、一旦人間関係のトラブルが起こると、致命的なダメージとなりやすいです。時には、職場環境の悪さが人間関係のトラブルの発端になる場合もあり得ます。そして残念ながら、職場環境に問題がある場合は、自らの力で改善することは困難であることがほとんどです。

希望通りの環境であれば働き続けることは苦にならない

一方でデータでは、現在の職場環境に満足していると回答した人の多くが、離職原因に挙げたような問題がない環境で働いているようです。つまり、離職し、転職をしたとしても、看護師の配置基準や夜勤、給与などの雇用体制が整っていて、通勤しやすく、人間関係のトラブルもない環境であれば、看護師として業務を続けられる可能性が高くなると言えそうです。

看護師の働く場所は病院だけが選択肢ではない

看護師の働く場所は、病院や診療所だけがすべてではありません。学校や企業、市町村の保健所などでも看護師の存在は求められています。特に老人福祉施設や老人保健施設、訪問看護ステーションなどを中心とした介護施設や、居宅サービスの現場では、今後高齢化社会が進むにつれ、ますます看護師の需要が増加すると予想されます。仕事をする環境によっては、看護スキルよりも、看護師としての経験や知識が重宝されるケースもあります。

自分の望む職場環境・仕事条件が満たされれば「看護師のやりがい」につながる

離職・転職はともするとデメリットになりかねない、と二の足を踏んでいる人もいるかもしれません。しかし、今の職場を離職し、転職をすることで、業務環境に求める条件が満たされ、自分がやりたいと思う仕事ができることは、やりがいや満足感の上昇にもつながると考えられます。看護師の場合は、資格を持っているだけで働ける場所が多く存在します。間口が広い分、希望条件に見合った勤務先も探しやすく、尚且つキャリアアップ、ステップアップの一つにもできる可能性があります。

自分一人で条件に合った看護師求人情報を探すのは大変

直接病院に応募するのはとても労力がかかる

看護師が転職先を探す方法はいくつかあります。一つが直接自分で病院に応募することですが、大きなデメリットは、とても労力がかかることです。
直接応募することで、病院と直にやり取りできるため、転職の話が早く進み、採用されやすいというメリットはあります。しかし、紙面などで得ていた求人情報と、実際話を聞いた際の仕事内容や給与面などが、イメージと異なるという問題も起こりやすいです。

条件がイメージと違っていても交渉し辛い

イメージと違った場合には、自分自身しか交渉する人間がいませんが、採用してもらいたい気持ちが強ければ交渉しづらくもなりやすいです。そのため、せっかく転職というチャンスを作っても、結果的に病院側の言いなりになってしまう可能性があります。

看護師の友人や知人の紹介で転職するのは避けた方が良い?

看護師が転職先を見つける方法として、友人や知人に紹介してもらう手段もありますが、こちらも避けた方が無難です。理由としては、話の途中でイメージと違うと感じたとしても、すでに断れない状況になっていることが多いことや、万が一また転職を考えた場合も、辞めづらい状況が生まれやすいからです。

紹介してもらう方法は、自分で直接応募するより、職場の様子や仕事内容の情報を得やすいですし、紹介者の信頼が転職先で厚ければ、すぐに採用が決まりやすいというメリットがあります。しかし、紹介者の伝え方次第では、自分に対し、過度な期待を寄せられる可能性もあります。それがプレッシャーになり、働きにくくなる人もいるはずです。そしてプレッシャーが新たな転職意欲に繋がったとしても、紹介者の顔をつぶすことを思うと辞めづらくなり、悪循環に陥りやすいです。

病院や職場の情報がイメージと違えば転職の失敗も起こりやすい

直接自分で病院に応募する場合も、友人や知人に紹介してもらう場合も、転職先のイメージが偏りやすい傾向にあります。自分一人では、得られる情報に限りがありますし、友人や知人の紹介だと、紹介者は働きやすい環境と思っていても、自分に当てはまるかどうかは分からないからです。だから、面接を受けたときや、実際働き出してからイメージと違うことが分かることも多く、転職の失敗も起こりやすくなります。

看護師転職支援サービスに登録し、効率よく転職活動をしよう

常勤、クリニック勤務、日勤のみなど条件に合った求人が見つかりやすい

看護師が転職したいと思ったとき、支援するサービスを行う専門サイトは多く存在し、登録すれば利用できます。お悩み相談室などを設けているサービスも多いので、困ったときはすぐに情報が得られて便利です。

大きなメリットは、自分の希望に合わせて条件を指定できることです。常勤、クリニック勤務など職場を絞ることもできますし、週1回だけ、日勤のみで働きたいなどの場合も指定できます。子育てをしながら働きたい人、ブランクがある人、UターンIターンを考えている人など、それぞれが自分の思う条件に合わせて、それにマッチするような転職先を、見つけられるチャンスが生まれやすいです。

複数の看護師転職支援サービス登録をして比較・検討しよう

各転職支援サービスにもそれぞれ特色があり、病院へのアプローチが得意なサービスもあれば、企業ナースや学校保健室、あるいは治験コーディネーターなどに強いコネクトを持つサービスもあります。さらに、介護福祉関係に強い看護師転職支援サービスの中には、介護職員になるための研修や資格取得制度が設けられている場合もあります。

得意分野の異なる看護師転職支援サービスを選びましょう

利用する際は、一つの看護師転職支援サービスに絞らず、いくつか登録しておく方がおすすめです。特に、まだ自分の中で、転職先の分野が定まっていない場合は、複数の看護師転職支援サービスを利用することで比較、検討ができ、自分の転職イメージもつかみやすくなると考えられます。

自分だけでは得られない看護師求人情報が見つかりやすい

転職するにあたって、情報量の多さは重要なポイントですが、看護師転職支援サービスの中には、非公開求人を取り扱うところもありますし、紙面では分からないような、転職先の内部情報を事前に得られるケースもあります。WEB上で病院見学ができるようなサービスもあるので、それが希望する病院であれば、面接を受ける前に病院の雰囲気をつかみやすくもなります。

看護師転職支援サービスを利用すれば、より幅広く、さまざまな仕事を見つけられる可能性があることから、自分では思いもよらなかった、好条件の転職先が見つかる可能性が高いです。検索はインターネットを通じて、自宅でもどこでも空いた時間に探せることも効率的です。

転職に関する様々なサポートが受けられる

条件に見合った転職先を見つけてもらえる

看護師転職支援サービスを利用すると、専門のアドバイザーやキャリアコンサルタントなどが、担当でついてくれることもメリットの一つです。自分の希望を伝えれば、条件に見合う転職先を探してもらえますので、一から自分で探す労力を削減できます。

調整や段取りはお任せ

直接応募する場合は、希望の病院が見つかった際、相手先との面接日時の調整や段取りは全て自分が行わなければならず、忙しい仕事との並行は、とても大変です。ですが、看護師転職支援サービスを利用すれば、それら全てを、担当のアドバイザーやキャリアコンサルタントにお任せできます。だから面倒なやり取りで悩むことなく、安心して仕事に専念できます。

希望すれば面接に同行してくれる

履歴書の書き方や面接の対策などについても、それぞれレクチャーが行われる場合や、セミナーが設けられるなどのサポートが行われているので、自分で調べる労力を減らせます。中には、面接が苦手な人のために、希望すれば担当者が面接に同行し、自分が聞きづらいことを代わりに聞いてもらえるといったサービスもあるようです。

転職した後も最後までフォローしてもらえる

無事に内定が出た後も、円満に今の職場を退職するためのノウハウを指導してもらえることや、アフターサービスの一環として、転職後でも相談できるよう、カスタマーセンターが設置されているなど、充実したサービスを期待できます。ただ転職先探しを手伝ってくれるだけでなく、転職したあとも相談できる場所があるというのは、大きな支えになるのではないでしょうか。

最初から最後まで安心の手厚いサポートが受けられる

看護師転職支援サービスを利用すれば、転職先探しから採用に至るまで、常に手厚いサポートが受けられ、安心して転職活動に取り組めることが魅力です。もちろん、担当のアドバイザーやキャリアコンサルタントには、随時転職に関する不安や悩みなどを相談できます。仕事と並行しての転職活動は大変ですが、忙しいときこそ、アドバイザーやキャリアコンサルタントが心強い味方に感じられることも多いです。

直接言い辛い勤務条件(時短、夜勤不可など)や給料などの交渉を代わりにしてもらえる

看護師転職支援サービスを利用するメリットは、勤務条件や給料の交渉など、直接言い辛いことを代わりにしてもらえることにもあります。特に、時短や夜勤不可などの勤務条件は、自分では直接交渉しづらい面があります。仮に交渉できたとしても、ちょっとした言い方一つで、トラブルに発展することもあります。看護師転職支援サービスを利用すれば、プロが間に入ってくれるので、安心して任せられます。

当サイトで気になる病院を見つけ、看護師転職支援サービスに登録をしましょう

看護師にとって転職という選択肢は、デメリットになるよりは、キャリアアップ、ステップアップのために有効な手段です。転職先も、病院など医療現場の最先端だけでなく、学校や企業ナース、治験コーディネーターなど、幅広く存在します。

転職する仕事先によっては、看護スキルよりも看護師としての経験が役立つこともあります。特に、介護福祉分野において看護師の需要は、今後ますます高まると予想されます。だからフルタイムで働けない人や、ブランクがある人でも、活躍できる場所は多く存在すると考えられます。

転職先を見つけるにあたって、方法はいくつかありますが、看護師転職支援サービスに登録されることをおすすめします。できれば一つに絞らず、いくつかのサービスを登録しましょう。当サイトでは、さまざまな看護師転職支援サービスと連携しています。ぜひ気になる病院を見つけ、看護師転職支援サービスを利用してみてください。

看護師の転職を効率的に行うために登録を

自分で直接応募先を見つけることや、友人や知人の紹介を頼ることもできます。しかし、どちらも労力がかかり、失敗したときのリスクは高くなりやすいです。看護師転職支援サービスを利用すれば、通常は得られない非公開求人や、内部情報をキャッチできる可能性もあります。自分に合った条件で検索ができるので、効率的に求人を見つけられやすいです。

専門のアドバイザーやキャリアコンサルタントが担当についてくれるので、転職に関する悩みを相談することもできますし、履歴書の書き方から内定後のフォローまで手厚いサポートが受けられます。何より、自分では直接言いづらい勤務条件や、給与面の交渉を代行してもらえることは魅力的です。

自分自身が働きやすいと感じる職場環境で働けることは、仕事へのやりがいに繋がり、満足感を高めてくれるはずです。自分の持つ知識やスキルを活かせる職場を、転職によって見つけられてはいかがでしょうか。