看護師の訪問入浴のバイトってどう?体力的にきつい?給料は?

看護師の訪問入浴のバイトってどう?体力的にきつい?給料は?

看護師のバイトに「訪問入浴」の仕事があります。
介護系の仕事は「きつい」「給料が少ない」「汚い」という3Kのイメージがありますが、看護師がバイトとして働く場合はどうなのでしょうか?

看護師の訪問入浴バイトの仕事内容

まず、看護師が訪問入浴を行う場合の仕事内容を見てみましょう。

訪問入浴とは

訪問入浴とは専用の入浴車と浴槽を使って利用者の自宅に行って入浴サービスを行う仕事です。

訪問先のお宅の浴室を使うのでではなく、部屋の中に専用の浴槽を組み立ててお湯を張ります。そして、血圧などバイタルチェックをした上で洗顔や洗髪、洗体を行います。

訪問入浴のスタッフ

訪問入浴は基本的に看護師1名、介護スタッフ2名の3名のスタッフが行います。

対象となるのは要支援1,2の人と要介護1~5の人ですが、要支援の場合は自宅に浴室がないケースや感染症などの理由で他の施設で入浴が困難な場合に限られています。

訪問入浴の仕事の流れ

訪問入浴の業務内容を1日の流れを追って見ていきます。なお、訪問入浴は看護師と介護スタッフが力を合わせて行います。

そのため、介護スタッフの仕事内容も一緒にご紹介します。

訪問入浴の1日の流れ

1日の流れとしては、まず朝スタッフが集合します。そして、その日訪問する利用者さんの情報を共有します。

看護師が確認すべき点は、次の通りです。

  • 利用者さんの氏名
  • 病名や病状
  • 更衣や入浴、洗体の際の注意点

これらをカルテを見ながらスタッフ全員で確認します。

訪問入浴は1日に1件ということはなく、2~3件、多い場合は6~7件も訪問します。

1回の訪問入浴の業務の流れ

次に1回の訪問入浴の流れをご紹介します。

利用者さん宅に到着 スタッフ全員で利用者さんとその家族に挨拶
準備 看護師は利用者さんのバイタルサイン(体温、血圧、脈拍、呼吸)を測定
介護スタッフは浴槽の準備を始める
準備2 バイタル測定で問題がないことを介護スタッフに報告し、それを受けて介護スタッフは浴槽にお湯を張る
看護師は脱衣の介助を行う
利用者さんを移動 ベッドから浴槽までスタッフ全員で介助しながら移動
入浴 洗髪、洗顔、上半身、下半身、背中、陰部の準備に洗体し、ゆっくりお湯につかる
シーツ交換が必要な場合はシーツ交換も行う 
ベッドに移動  浴槽からベッドまでスタッフ全員で介助しながら移動
看護師は着衣の介助や軟膏の塗布などを行い、再度バイタル測定を行う
その間に介護スタッフは浴槽を片付ける

これらの業務を1件あたり約40分~1時間かけて行います。

看護師の訪問入浴のバイトはきつい?

1回あたり40分~60分で終わる業務ですが、3名で行い、1日に数件をこなします。体力も必要ですし、テキパキと業務をこなすことが大切です。

看護師の訪問入浴バイトは体力勝負!

訪問入浴の業務の中で看護師はバイタル測定だけをすればいいと考えている人が多いかも知れません。しかし、実際は利用者さんの衣類の着脱介助や浴槽までの移動など、結構体力を使います。

利用者さんの介助はかなり大変

訪問入浴サービスを利用する人は要介護状態で、しかも体格がいい人、自分で身体を思うように動かせない人などさまざまです。衣類の着脱だけでも慣れていないと難しく感じます。

また、浴槽は利用者さんの自宅のお風呂を使うのではなく、持ち込んだ浴槽を組み立てて使います。組み立ては介護スタッフが行いますが、多くの場合はリビングなどに設置するため、ベッドから浴槽までをスタッフ全員で抱えて移動することになります。

入浴中も利用者さんの状態をチェック

要介護状態の利用者さんにとって訪問入浴はとても楽しみにされています。介護スタッフはにこやかに会話をしながら入浴を進めていきますが、看護師はその間も利用者さんの全身の状態を確認する必要があります。

  • 途中で呼吸が乱れていないか
  • 洗体の途中で痛がる様子はないか
  • どこかかゆいところはないか
  • 肌に異常はないか

このようにささいな変化も見逃さないようにしましょう。

手際よく行うことが重要

入浴そのものは介護スタッフが行いますが、1日に数件も訪問入浴するため、手際よく業務をこなす必要があります。

バイタル測定、衣類の着脱、忘れものの有無の確認、記録などをテキパキこなすように意識しましょう。

一方で効率だけを考えていると、利用者さんの気持ちが置き去りにされてしまいます。自分の希望をうまく伝えられない利用者さんの立場に立って業務をする配慮が求められます。

看護師の訪問入浴バイトの給料

さて、気になる給料ですが、実際はどうなのでしょうか?

看護師の訪問入浴バイトの給料は日給または時給で計算

看護師の訪問入浴バイトの募集は単発の場合と週に2日~3日など都合のいい日を希望する場合などがあります。

日給と時給の相場

看護師のアルバイト専門の求人サイトを見てみると、訪問入浴バイトの場合、時給で計算して支給されるケースが多いようです。

時給は1800円~3000円ほどでかなり幅があります。同じ業務内容なら時給が高い求人を選ぶ方がいいですね。

他のアルバイトと掛け持ちも可能

訪問入浴のバイトは結構バタバタして、体力も気も使います。そのため、「毎日はきついけれど、時給がいいので週(または月)に何回か仕事を入れている」という看護師の方が多くいます。

また、医療現場は責任が重くて精神的に負担という看護師の場合、普段は飲食店やファッション関連のアルバイトをして、その合間に訪問入浴バイトを入れるという掛け持ちをしている人もいます。

それぞれの事情に合わせて挑戦してみるといいですね。

看護師の訪問入浴バイトに求められる技術

最後に看護師の訪問入浴バイトに必要な技術や要素を見てみましょう。

「自分にできるかな?」と不安な方は参考にしてみてください。

バイタル測定と観察力

訪問入浴で看護師が行う業務でもっとも重要なのは「バイタルサインの測定」です。

  • 体温測定
  • 脈拍測定
  • 呼吸測定
  • 血圧測定

この4つを順に正確に測定します。

さらに衣類の着脱時に皮膚に異常がないか、入浴中の体調の変化なども見逃さないように観察する力が求められます。

きめ細かな心配りも必要

寝たきりの時間が長い利用者さんにとっては、衣類の着心地やシーツのしわひとつでも不快に感じることがあります。

また、紙オムツや尿取りパットがきちんと肌にフィットしていないと、尿漏れを起こしたり、肌に触れて赤くなったりします。

介助する際には、不快感を与えていないか、着用時に問題はないかなどの心配りが必要です。

利用者や事業所ごとのルールに対応すること

利用者さんによってさまざまな希望があります。
浴槽の設置場所や衣類の着方、シーツの希望などを聞いたら、柔軟に対応するようにしましょう。

また、事業所によっても仕事の流れや報告書の記入方法などが異なります。
もちろん訪問入浴で看護師が行う業務は同じなのですが、それぞれの事業所に合わせて対応することが大切です。

こういった点は医療機関の方針に患者側が従うのとは大きな違いになるでしょう。まずは利用者さんの立場に立つことが大切です。

看護師の訪問入浴バイトについて~まとめ

訪問入浴サービスは要介護状態にある利用者さんの自宅に専用車で訪問して、浴槽を持ち込んで入浴を行うことです。

看護師1名と介護スタッフ2名の3名で行います。看護師の業務は利用者さんのバイタルサインの測定、衣類の着脱の介助などがあります。

体力と段取りよく業務をこなすことが求められますが、時給は1,800円~3,000円と高い上に毎日ではなく単発や週に2~3日など選べるので、他のアルバイトとの掛け持ちも可能です。

介護の仕事は今後ますます増えることが予測されるので、興味がある人は挑戦してみるといいでしょう。

看護師転職サイトを地域から探す

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

看護師に人気の記事一覧