介護士との連携プレーが大切「訪問入浴」における看護師の業務内容と役割とは

看護師というと、病院やクリニックなどで患者を受け入れる側のイメージが強いですが、訪問看護のように直接患者の家を訪れ、ケアを行うこともあります。訪問入浴もその仕事の一つです。一日に何件かの利用者の家を周り、効率よく業務を行うことが第一の訪問入浴では、介護士との連携プレーが大変重要なポイントです。

訪問入浴とは

在宅介護の利用者に対して行う入浴サービス

訪問入浴は、介護保険のサービスのひとつです。超高齢化社会が進行する現在、在宅介護を受ける人も増加しています。自宅で介護する場合、家族の体力や、住宅の構造上の問題などもあり、入浴させることが困難なケースも多く存在します。訪問入浴は、そうした家族の負担を軽減させるために、在宅で介護保険の利用をしている人を対象に行う入浴サービスのことをいいます。

そして、基本は看護師1名、介護職員2名で構成されたチームごとに利用者の家を巡回し、サービスを行います。組み立て式の浴槽を車に積み、持参することで、介護者を運べないケースでも入浴できるようなシステムが取られています。

訪問入浴における看護師の業務内容と役割とは

利用者の健康管理と介助が主体

訪問入浴をするにあたり、看護師がすることは利用者の体調をチェックし、問題なければ入浴のための脱衣の介助や移動介助を行うことです。この体調チェックは、入浴前から入浴中、そして入浴後まで常に行います。注射や点滴は、利用者の体調が急変した際に行う可能性はありますが、ほとんどの場合、バイタルチェックや入浴後の処置など、軽微な医療行為にとどまります。

ただし、利用者によっては、人工呼吸器の装着やPEG(胃ろう)、マーゲンチューブなどの管が挿入されているケースがあり、その場合は看護師の医療に関する専門的な知識や技術が必要となります。また、床ずれ(褥瘡)を起こしている場合は入浴後のケアが必要です。訪問入浴の現場では医師が不在のため、万が一のときは看護師にとっさの判断を求められることも考えられます。

一般的な業務の流れ

訪問入浴に看護師として同行する場合の業務は、一般的に次のような流れで進行することが多いです。

看護師 介護士
1.集合 ナースパックのチェック、同行する介護士と共に利用者のカルテ(病名、移動の仕方、更衣時の注意点など)を読み合わせ、チェックする。
2.準備 利用者宅へ到着次第、バイタルチェック、全身状態の確認 浴槽の組み立て、準備
3.移動準備 入浴できる体調と判断できれば、利用者の脱衣介助 お湯の張り出し
4.移動 浴槽へ移動介助 浴槽へ移動介助
5.入浴開始 入浴中、利用者に異変がないか注意深く観察し、見守る 洗髪、顔、上肢、上半身、下半身、背中、陰部の順に洗い流し
6.移動準備 必要であればシーツ交換、脱衣介助 上がり湯
7.移動 ベッドへ移動介助 ベッドへ移動介助
8.処置 必要であれば、軟膏塗布、湿布貼布を行い、バイタルチェックを行う。家族へ報告し、データの記録を行う。その後事業所へ報告する。 浴槽の後片付け

業務は午前中と午後に分けて行われ、それぞれ午前中が平均2~3件、午後4~5件というケースが多いです。また、1件あたりの時間は40~60分ほどで区切られています。そのため、限られた時間の中で体調チェックから準備、入浴、片付けまでを終わらせ、次の訪問先の予定時間に遅れないよう業務を進行することが重要です。

浴槽の組み立てや入浴業務は、介護士が主体となることが多いため、看護師は必要があれば介護士の指示を仰ぎ、効率よく看護業務を行うことが求められます。ただし、事業所によっては、看護師も浴槽の準備や片付け、補助をしなければならないこともあります。

看護師自身の積極性も重要

訪問入浴では、看護師は補助的要素が強く、医療行為を積極的に行うという場面はほとんどありません。そのため、ブランクがある人でも比較的取りかかりやすい業務と言えます。しかし、業務自体は限られた時間の中で利用者の入浴を行わないといけないため、できるだけ無駄のない動きが求められます。

さらに、慣れないうちは脱衣介助をするのにも時間をとられがちです。中には全身麻痺の利用者もいるため、一人で介助することが難しい場合もあります。しかし介護士は浴槽の準備などであわただしく動いているため、すすんで手伝ってもらえる可能性は低いです。そんな時は自分から声をかけて手伝ってもらうなどの、積極的な行動が大切です。指示を仰ぎたいときも大きな声で自分から声をかけましょう。それがスムーズな業務遂行にもつながります。

介護士主体の現場になりやすいですが、初対面でも臆せずコミュニケーションを取ることが、スムーズな連携プレーにもつながります。

トイレや休憩は取れるときに取っておくのが吉

一日に何件も訪問するスケジュールなので、トイレ休憩や昼食などは流動的になる可能性が高いです。そのため、チャンスがあったらこまめにトイレに行く、休むなどのタイミングを見つけることも大切です。

事業所によってやり方が異なる場合もある

訪問入浴のサービスを行う事業所は全国に数多く存在します。そして事業所ごとにマニュアルも異なります。そのため、以前も訪問入浴に看護師として働いていた経験がある人も、違う事業所に行くと全く異なるやり方をしなければならないこともあります。例えばAという事業所であれば看護業務だけでよかったことが、Bに転職した場合、入浴介助や浴槽の上げ下ろしまでしなければならないという違いなどです。

また、事業所によっては集合して訪問先へ行くまでに、しっかりとその日の利用者の情報共有を行わない場合もあります。利用者の状態を確認しておくことは、業務を遂行する上で重要なことです。もしそうした場面に出会ったとしても、引継ぎや申し送りはしっかりと取るように注意しましょう。

訪問入浴の看護師として働くメリット・デメリット

スポット勤務をしやすい反面スキルアップは難しい

訪問入浴は未経験でも採用される確率が高く、時給も比較的高めです。さらに、スポット勤務も可能な職務です。自分のライフスタイルに合わせて派遣型勤務も可能ですし、介護士との関係性を築きたい人は、週1日からでも可能な直接雇用を探すという選択肢もあります。業務自体は難しい医療行為を必要とされることがほとんどないため、生活バランスと調整しながら仕事がしやすいことはメリットになり得ます。

ただし、訪問入浴一本に絞る場合、点滴や注射をほとんどしないということは、スキルアップを目指す場合はデメリットになる可能性があります。もし医療スキルも磨きつつスキルアップを目指したいと思う場合は、病棟勤務をメインにして、夜勤入りや明けに単発で訪問入浴のアルバイトを入れる、という方法であれば、解決できるかもしれません。

また、時間が区切られた中でその日のスケジュールをこなさないといけないということで、ある程度の体力も必要です。しかし利用者やその家族とのやり取りにやりがいを感じられる人にとっては、魅力的な業務と言えます。

訪問入浴サービスを扱う転職先を探す方法

訪問入浴サービスの求人情報は、インターネットの看護師専門転職サイトをチェックするのがおすすめです。さらに、いくつかのサイトを登録しておけば、より多くの求人を見つけられる可能性が高いです。ただし応募する際は、事前に口コミをチェックされることをおすすめします。これは、働きやすさや業務内容など、事業所によって違いが生まれやすいためです。

訪問入浴の業務は介護ケアとしてのやりがいも感じやすい

介護士との連携を強めることがスムーズな業務に繋がる

訪問入浴における看護師の役割は医療スキルを使ってケアするというよりは、介護士が主体でそのサポートをする役割の要素が強いです。そのため、スムーズに業務を進行するためには、介護士と上手に連携することが重要なポイントと考えられます。そのため、指示を仰ぐ際や、手助けが必要な際は自分から声をかけるなど、積極的にコミュニケーションを取ることが大切です。

基本的な業務は、利用者の体調チェックがほとんどですが、脱衣介助や、場合によっては介護士のサポートをする可能性もあります。さらに、医師が不在のため何かあったときは看護師の判断力が重要になります。また、一日のスケジュールが決まっているため、予定通り進行できるよう、効率よく業務をこなさなければなりません。そのためには体力もある程度必要です。

訪問入浴の業務は時給も高めで、スポット勤務も可能です。そのため普段は病棟勤務をして、単発で仕事に入るという選択肢もあります。高齢者介護に関心がある人や、利用者や家族との会話にやりがいを感じられる人、あるいはライフバランスを考えて働く日数を調整したい人にとっては、適した業務ではないかと考えられます。

看護師転職サイトを地域から探す

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

看護師に人気の記事一覧