看護師でとにかく楽な仕事14選|暇にゆるくのんびり働ける!

看護師でとにかく楽な仕事14選|暇にゆるくのんびり働ける!

ご存知の通り看護師はかなりの激務です。やりがいはあっても身体が持たない…という人が多いのではないでしょうか?

しかし、実は看護師には楽な仕事があります。そこで当記事ではどうせ看護師として働くならゆったり楽に働きたいという人のために、おすすめの楽な仕事や楽な求人の探し方をご紹介します。

看護師の楽な仕事に共通している条件

このように看護師はどこで働くかで大変さが異なります。看護師の楽な仕事の条件を見ていきましょう。

  • 夜勤がない
  • 重症患者が少ない
  • 高度な医療スキルが求められない
  • 残業がない
  • 土日祝が休み
  • 有給休暇が取りやすい
  • 人間関係が良好

夜勤がない

日勤と交代勤務では体力面でも精神面でも大変さにはかなり差があります。

楽な仕事を探すなら日勤のみの職場がおすすめです。

重症患者が少ない

救命救急センターやICU(集中治療室)など患者さんの容態が急変しやすい部署や重症患者さんが多いところの仕事は心身ともに大変です。

楽な仕事を探すなら重症患者さんが少ない診療科や施設を選ぶようにしましょう。

高度な医療スキルが求められない

医療現場はどんどん進化していっています。特に最先端の医療機器を使う現場では機器を使いこなすこと、それを看護に活かすことが求められ、日々勉強の毎日です。

本来の看護業務以外に多くの勉強が加わり、研修も増えていきます。また、高度な医療スキルが求められる現場はそれだけ重症患者さんが多いので、常に緊張を強いられます。

高度な医療スキルを求められない現場なら楽に仕事ができます。

残業がない

医療現場は人手不足で、忙しいときは残業することもあります。

楽な仕事を探すなら残業がないところを選ぶことが大切です。

土日祝が休みになっている

病棟勤務は土日祝の出勤や夜勤があります。

家族や友達と休みが合わない、自分の体調管理が難しいなど大変な部分が多いので、楽な仕事を求めるなら土日祝が休みで平日のみ勤務の職場を選ぶようにしましょう。

有給休暇が取りやすい

本来どこの職場でも有給休暇が与えられており、有給休暇を取得するのは働く人の権利でもあります。しかし、看護師の職場によってはなかなか有給休暇が取れない、休みたいと言い出しにくいところがあります。

そのため、有給休暇が取りやすいかどうかは働きやすさを大きく左右します。

人間関係が良好

看護師が職場を考える際は、仕事の忙しさだけでなく人間関係が良好かどうかも重要な要素です。

これは事前にはなかなかわかりにくいことですが、転職する場合は転職サイトの担当者に聞くなどして調べるようにしましょう。

看護師の楽な仕事の診療科・施設別ランキング

「看護師の仕事はとにかく大変!」「もっと楽なところはないの?」と考えている人のために、まずは診療科・施設別の楽なところを紹介していきます。

記事の中盤では、病院以外で看護師資格を活かしつつ楽に働ける職場も紹介しているので参考にして下さい。

看護師の楽な仕事~診療科目別

知っての通り、看護師の仕事は診療科によって忙しさや大変さがかなり異なります。その中でも特に仕事が楽と言われているのは次の科です。

なお、看護師の給料は同じ病院内なら診療科による違いは少ないので、ここでは仕事の楽さ度合いで比較してみました。

(◎:かなり楽 ○:楽。ただし病院によって差があるので注意

診療科 体力的な楽さ 精神的な楽さ
1位:採血室
2位:眼科
3位:整形外科
4位:耳鼻科
5位:心療内科・精神科
6位:皮膚科

看護師の楽な仕事~施設別

看護師の仕事が大変か楽かどうかはどの施設で働くかでも異なります。

こちらは施設別の給料も合わせて比較してランキングを作成しています。

(◎:かなり楽、○:楽、△やや楽)

診療科・施設 体力的な楽さ 精神的な楽さ 給料
1位:美容外科クリニック 36~40万円
2位:健診(検診)センター・人間ドック 25万円前後
3位:個人病院(眼科・耳鼻科) 25~30万円
4位:有料老人ホーム 30~35万円
5位:デイサービス 25万円前後
6位:産業看護師 20~30万円
7位:訪問看護 25万円前後
8位:保育園 25万円前後

 看護師の楽な仕事を診療科で選ぶ

冒頭でも少しご紹介しましたが、病院内で働く看護師にとって楽な仕事ができる診療科を選んでみましょう。病院勤務なら何科であっても給与体系に大きな差はありません。少しでも楽な診療科を選ぶのがポイントです。

比較的業務が楽な診療科は次の通りです。

  • 眼科
  • 耳鼻科
  • 皮膚科
  • 心療内科・精神科
  • 整形外科
  • 採血室

眼科

眼科で看護師が行う業務は視力測定や眼圧測定、網膜検査など検査が中心です。診察時に介助する場合もありますが、仕事としては比較的楽な職場だと言えます。

ただ慣れないうちは覚えることが多く、また病院(クリニック)によっては患者さんが多くて忙しい思いをするところもあります。

眼科で楽に仕事をしようと思うならば、手術がない医療機関を選ぶようにしましょう。

耳鼻科

耳鼻科も看護師にとっては楽な仕事で、診察の介助が中心です。主な業務は聴力の検査、注射、消毒などです。

子どもが受診したときは怖がって泣いたり、動いたりするので介助に気を使いますが、それ以外は難しいことはないでしょう。

また、耳鼻科は季節によって繁忙期が分れます。花粉症の季節はアレルギーの患者さんが増えて、夏のプール時期は中耳炎などが多くなります。そういった時期は忙しくて大変ですが、それ以外の季節はヒマなことが多いのでおすすめです。

皮膚科

皮膚科で看護師が行う業務としては、消毒、ガーゼ交換、薬の塗布、診察時の介助が中心で、それほど大変なものはありません。重症患者さんが多い病院勤務を経験した人にとっては、あっけなく感じるほどでしょう。

ただ、地域の特性によっては高齢者が多い、子ども(アトピー性皮膚炎など)が多いといった特徴があります。それによって看護師の業務にも多少の違いがあるので、事前によく調べるといいでしょう。

また、皮膚科はさまざまな感染症のリスクがあります。多くの皮膚科クリニックでは空気清浄機や換気の実施、イスやスリッパなどの消毒を徹底しています。求人を探す場合はそういった対策も調べる必要があります。

心療内科・精神科

心療内科や精神科の診察は医師が患者さんの話を聞くことが中心で、看護師はたまに採血をするくらいです。主な仕事としては患者さんの案内やカルテの整理、書類作成などです。

患者さんの状態によってはどう接していいのか迷う場面があるかも知れませんが、基本的に看護師の私語は禁止ですし医師が対応をするので心配することはありません。

心身ともに楽な職場ですが、それだけに人気があり、求人が出てもすぐに応募者が集まってしまいます。心療内科や精神科の勤務を希望するなら転職サイトに登録して、早めに状況をキャッチするようにしましょう。

整形外科

整形外科も看護師の業務は楽なところがほとんどです。整形外科ではレントゲンなどの検査とリハビリが大きなウエイトを占めています。

看護師は待合室から診察室やレントゲン室への患者さんの誘導や介助が中心になります。

包帯を巻く、ギプス装着の介助といった業務もありますが、それほど難しいものではありません。

また、患者さんは若い人が多く、活気があるのも整形外科の特徴です。慣れれば楽しく仕事ができるでしょう。

採血室

採血室(病院によっては中央検査室や中央注射室)の仕事は同じ作業を繰り返すルーティンワークが中心です。

慣れてくれば単純で飽きてくるかも知れません。患者さんを間違えないようにしっかり確認することが大切です。

病院では外来がある午前中は忙しいですが、午後は多くの病院でヒマになります。そのため、パート勤務が多いのも特徴です。

看護師の楽な仕事を施設別に紹介

看護師にとって楽な仕事ができる職場を施設別に見てみましょう。

  • 美容外科クリニック
  • 健診(検診)センター・人間ドック
  • 個人病院(眼科・耳鼻科)
  • 有料老人ホーム
  • デイサービス
  • 産業看護師(企業内で看護師として働く)
  • 訪問介護
  • 保育園

美容外科クリニック

美容外科クリニックは病気やけがの治療よりも美肌や美容整形が中心です。そのため、看護師の業務も難しいものではありません。しかもその割に給料が高いのが魅力です。

ただ、看護師としての外見や立ち居振る舞いなどに美しさを求められるところがあります。エステサロンのようなイメージがあるからです。

美容外科クリニックの目的や雰囲気に抵抗がなければ向いていると言えます。

健診センター・人間ドック

健診(検診)CENTERや人間ドックはあらかじめ予約をした人を中心に、健康診断のための採血や血圧測定、視力測定、聴力測定などを行います。また、診察やレントゲンなどの介助を行うこともあります。

重篤な患者さんや応急処置が必要な患者さんがいないので精神的に楽に仕事ができます。

ただ、規模が大きい健診センターでは1日の申し込み者が多くなるので、スムーズに進められるように手際よく誘導する必要があります。

とはいえ、慣れてくれば問題なくできるでしょう。夜勤や休日出勤がないので、楽な仕事を探す人におすすめできます。

個人病院(眼科・耳鼻科)

総合病院の眼科や耳鼻科は手術があり、夜勤を伴う業務もあります。しかし、個人病院の眼科や耳鼻科は外来だけで、看護師の業務も診察の介助や検査が中心になります。

夜勤や休日出勤がないので、比較的楽に仕事ができるでしょう。

有料老人ホーム

有料老人ホームに入居している高齢者の健康チェックや健康相談といった軽い業務が中心ですが、入居者の状態によっては胃ろうや吸引などを行うこともあります。

看護師の業務としては楽な仕事ですが、体調の急変などに対応する力が求められます。

デイサービス

デイサービスでの看護師の業務は利用者のバイタルチェック、軟膏を塗る、点眼などを行います。利用者様によってはインシュリン注射をすることもありますが、利用者の数は病院ほど多くない上にある程度決まった業務をするだけなのでそれほど忙しくはありません。

残業もほとんどないので楽な職場だと言えます。

産業看護師(企業内で看護師として働く)

企業の中にある医務室で働くのが産業看護師です。

従業員の健康診断や急病、けがの応急処置が主な業務ですが、近年はメンタルヘルスの対応も増えてきました。身体的には楽な仕事ですが、気を使う部分が多くあります。

また、正社員ではなく派遣看護師として業務に就くケースが増えています。事前に待遇面などをよく確認することが大切です。

訪問介護

訪問看護は利用者の自宅に伺って医療行為を行います。地域の訪問看護ステーションや病院の訪問看護科、診療所などに在籍し、指定されたお宅に訪問します。
基本的なバイタルチェックや点滴、褥瘡のケア、服薬管理のほか、重篤な患者さんのターミナルケアを行うこともあります。

訪問看護では業務自体は軽作業ですが、ホームヘルパーや介護福祉士、理学療法士、作業療法士、医師などスタッフとの連携が重要になります。

保育園

保育園の中で看護師として働く求人もあります。園児の健康管理、急な発熱や嘔吐などの応急処理や治療、病院への連絡、保護者対応などを行います。

また、保護者のために健康便りやチラシ、ポスターの作成、子どもへの手洗い指導なども行います。

保育園での看護師の業務は病気治療よりも健康維持や健康増進が目的です。病院勤務よりも心身ともに楽な仕事だと言えるでしょう。

ただ、子どものケガや感染症による発熱や嘔吐、誤飲など急を要する場面が多くあるため精神的には大変な思いをすることがあります。

なお、保育園で看護師を募集しているところは少ないので、希望する人はいくつかの転職サイトで探してみましょう。

看護師がとにかく楽な仕事を選ぶデメリット

このように看護師の仕事の中には楽な職場がありますが、次のようなデメリットもあることを理解しておきましょう。

  • 給料が少ない
  • やりがいを感じられない
  • 最新の医療知識や技術が学べない
  • 看護師としてのスキルが低下する

ひとつずつ詳しく見ていきましょう。

給料が少ない

看護師として楽な仕事とは夜勤がない、休日出勤がない、残業がないというところがほとんどです。

つまり今までのように夜勤手当や残業手当が付かないので、その分収入が少なくなります。(クリニックなどは除く)

また、個人の開業医に勤務する場合は病院よりも給与が少ない傾向にあります。事前に仕事内容と勤務時間、給与体系をきちんと確認することが大切です。

やりがいを感じられない

楽な仕事はルーティンワークが中心で、看護師として学んだスキルを発揮できません。

最初は「楽な現場だな」と思うでしょうが、次第に「やりがいがない」「物足りない」と感じてしまいます。

最新の医療知識や技術が学べない

楽な職場は高度な医療技術を求められないところが多く、最新の医療知識や技術に触れる機会が減っていきます。院内での研修も少ないので、最前線で看護師として働き続ける人と比較するとどうしてもスキルに差がついていきます。

もし今後忙しい職場に異動したり、転職したりする場合に着いていけない可能性もあるでしょう。

それを回避するためにも、楽な仕事をしながら合間で自分で勉強する姿勢を忘れないようにしましょう。

看護師としてのスキルが低下する

看護師のスキル(手技)は毎日患者さんと接することで磨かれていきます。

しかし、楽な職場で単純作業を繰り返す日々では先程も触れた通り次第にスキルが低下する恐れがあります。

看護師が楽な仕事に転職する方法

このように楽な仕事にもそれなりのデメリットがあります。

ただそれを理解した上で楽な職場に転職するなら、以下の方法を参考にして下さい。

  • 他院で働く看護師の友達や先輩などに聞く
  • 気になる病院のホームページで採用情報を見る
  • ナースセンターやハローワークで探す
  • 転職サイトを利用する

ただこれらの方法には、それぞれにメリットとデメリットがあります。

他院で働く看護師の友達や先輩などに聞く

メリット

知人(友人や先輩)の紹介で転職する場合のメリットとしては、次の点があります。

  • 職場の雰囲気や内部事情など生の声がわかる
  • 採用されたら知人の紹介ということで働きやすい
  • 職場内で困ったときに知人に相談できる

知人の紹介の場合は求人票ではわからない職場の人間関係や雰囲気、給与体系や有給休暇が取りやすいかどうかといった内部事情を知ることができます。

また、知人の紹介で採用された場合、「○○さんの紹介で入職された△△さん」と職場の人が認識するので働きやすくなります。

さらに職場内で何か困ったときは知人に相談できるので、かなり心強く感じられます。

デメリット

一方、知人の紹介の場合、知人の知り得る情報だけでは実情と異なる可能性があります。もっと客観的に、さまざまな角度から情報を集める方がいいでしょう。

また、もし知人の紹介で採用された場合、自分には合わないと感じたときでも紹介してもらった手前、辞めにくいというデメリットがあります。

気になる病院のホームページで採用情報を見る

メリット

自分でホームページで採用情報を調べるメリットには、「自分の空いた時間で自分のペースで調べられる」という点があります。

また、「どうしても貴院で働きたいんです」と志望動機を強くアピールできますし「この病院!」と的を絞って求人を探せる点も大きなメリットです。

デメリット

一方でデメリットとしては、「時間がかかり非効率」という点があります。また、応募書類や面接日の交渉などを自分でやらなければならないなど手間がかかります。

また、友人の紹介や転職サイトと違い職場の雰囲気などの内部の事情がわかりません。

ナースセンターやハローワークで探す

ナースセンターやハローワークで求人を探す方法のメリットとデメリットを見てみましょう。

メリット

ナースセンターやハローワークは転職サイトには掲載されていない小規模クリニックの求人が見つけやすい点が大きなメリットです。

転職サイトを経由して採用が決まると、求人情報を掲載している医療機関が転職サイト側に費用を支払う仕組みになっています。

そのため、経費に余裕がない医療機関は転職サイトを使わずにナースセンターやハローワークに求人を出しています。そのため、小規模で楽な仕事ができる求人が見つけやすいのです。

また、ナースセンターやハローワークは公的機関なので安心です。特にナースセンターは看護師が対応するので質問などもしやすい点もメリットです。

デメリット

ただ、ナースセンターやハローワークは情報量が少ないというデメリットがあります。また、職場の雰囲気など内部のことがわかりませんし、自分に合った求人を選び出すのが大変です。

履歴書や応募書類などもすべて自分で準備しなければならないので、やってみると大変と感じるでしょう。

転職サイトを利用する

メリット

転職サイトを利用するメリットとしては、専任のアドバイザーが自分の適性や希望に合った求人を紹介してくれるという点があります。

特に「楽な仕事がいい」という場合は、自分ひとりで探すよりも専門のアドバイザーに紹介してもらう方が早いです。

また、転職サイトは数万件を超える多くの求人を保有しています。そのため、ナースセンターやハローワークよりも多種多彩な職場、働き方の求人が見つかります。

応募書類作成や面接のアドバイスもあるので書類作成の手間が少なく、内定から入職までのきめ細かいサービスが受けられるのが大きなメリットです。

デメリット

転職サイトによって情報量やサポート体制に差があるので、サイト選びは慎重に行う必要があります。

また、良いサイトでもアドバイザーの力量によってサポート力に差が出てしまいます。

いくつかの転職サイトに登録して、自分に合うところを探すといいでしょう。

看護師が楽な仕事を探すのにおすすめの転職サイト

では最後に楽な仕事を探すのにおすすめの転職サイトのベスト3をご紹介します。

  1. 看護のお仕事
  2. ナース人材バンク
  3. ナースパワー

1位:看護のお仕事

看護師_楽な仕事_看護のお仕事

看護のお仕事は非公開求人が多いのが特徴です。好条件で人気がある求人、他の転職サイトでは扱っていない求人などが多いので、ぜひ無料登録してみましょう。

また、アドバイザーは求人先の雰囲気や条件、有給休暇の取りやすさ、人間関係など求人票には記載されない内部事情を把握しています。

事前に不安要素を相談できる点も看護のお仕事の強みです。

2位:ナース人材バンク

看護師_楽な仕事_ナース人材バンク

ナース人材バンクは利用した看護師の満足度が高い転職サイトです。全国の求人を網羅していますが、アドバイザーはそれぞれの地域の専任なので地域ごとの情報を把握しているのが強みです。
特に小規模医院やクリニック、訪問看護、介護職などの楽な仕事の求人が多いので、相談してみましょう。

3位:マイナビ看護師

看護師_楽な仕事_マイナビ看護師

マイナビ看護師名前の通りあのマイナビの看護師転職サービスで、全国の求人を扱っています。

大手だからこそできる託児所、寮完備の福利厚生の整った求人や、月給40万以上の求人などが多数あります。

また、マイナビ看護師は全国23地区に拠点があるため地方の求人情報も豊富なので、登録すれば希望に合う求人が見つかるはずです。

看護師の楽な仕事~まとめ

看護師の仕事はとにかく大変と思っている人が多いかも知れませんが、実際は楽な診療科や施設がたくさんあります。

楽な仕事は夜勤や残業がないため給与は少なくなりますが、自分の時間が取れる、心身ともに楽なのでストレスを感じず体調も良くなるといったメリットがあります。

楽な仕事の求人は自分ひとりで探すよりも友人の力を借りたり転職サイトを利用する方が早道です。友人がいない場合は転職サイトに無料登録すれば専任のアドバイザーが希望に合う求人を紹介してもらえます。

今の仕事が辛いという方は、とりあえず登録だけでもしてどんな求人があるもか確認してみても損はないでしょう。。

看護師転職サイトを地域から探す

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

看護師に人気の記事一覧