看護師の平均年収とその考え方について都道府県別に解説!

看護師さんが転職する上で一番気になるのは、年収だと思います。一般的に転職をすると年収が下がる傾向があると言われますが、それは再就職によって一からのスタートになることや、引越しで都市圏から地域へ引越しした場合、子育てで働き方を変えた場合などさまざまな原因が考えられます。
特に、地域差による給料の差は大きく100万くらいの差がある場合もあります。一概に給料の多さだけで転職する病院の良し悪しを決めることはできませんが、給料が下がってしまうのは嫌なものです。今回は、都道府県別に見た年収の差や年収の考え方、年収の上げ方についてお話ししたいと思います。

都道府県別に見る看護師の年収の実際

都道府県別に見る常勤正看護師の平均年収は以下のようになっています。

平均年収が高い都道府県ランキング
1位 京都府  525.9万円
2位 神奈川  524.8万円
3位 東京都  523.2万円
4位 千葉県  522.0万円
平均年収が低い都道府県ランキング
1位 熊本県  399.6万円
2位 宮城県  403.3万円
3位 鹿児島県  405.5万円
4位 宮崎県  403.3万円

(引用http://kango4job.com/nurse-annual-income#1)

お財布喜怒哀楽

上記から分かることは、やはり都市部では年収が高く、地方では年収が低めになっていることがわかります。都市部と地方では物価に差があることや、都市部ではそもそも病院が多く、常に人手が足りないことから年収を上げて対応していることため年収が高くなっていると考えられます。
他にも、忙しい病院だと夜勤回数を多くこなすのでそれに比例して年収が高くなりますし、働く病院や科目、免許、働く場所によっても差が出てきます。比較的給料が良いのは、国立大学系列の病院や美容業界、企業看護師、産科で働く助産師などです。
また、女性の場合、ライフスタイルが変わり非常勤やパートに働き方を変ると、年収は低くなってしまいます。では、転職をするとき年収をどのようにとらえ再就職を目指せばよいでしょうか。また、できるだけ年驟雨をあげるためにはどうすればよいでしょうか。

オススメ看護師転職サイト

看護師の平均年収とその考え方について都道府県別に解説!

看護のお仕事」がおすすめの理由

  • 全国12万件以上の医療機関情報
  • とにかく給料を上げたい!という転職も可能!
  • 看護師のあなたの代わりに待遇交渉
\簡単!1分で登録完了/看護のお仕事を見てみる

看護師の年収の考え方と給料UPを目指す転職の方法は?

年収が高い病院に勤めようと思うと、都市部に引っ越すことが一番ですが、家庭やそれぞれの生活があるのでそれはできません。では、年収についてどのように考え、自分が住む町でより給料をたくさんもらうためにはどうすればよいでしょうか。

① 年収の良し悪しだけで転職を決めず働きやすい病院を選ぶ

まずもっとも大切なことは、年収だけで転職先を決めないことです。転職をする一番の原因をしっかり考え、転職先を決めることが大切です。人間関係が原因で転職をする場合は、それが解決できる病院を一番に選ばなくてはいけませんし、出産や子育てが原因なら、家族や子どもがいても働きやすい病院を選ぶ必要があります。

いくら年収が良くても、働きにくく続かなければ給料は途絶えてしまいます。そのため、年収だけで転職を決めるのではなく、妥協できるとことは妥協してできるだけ長く働きやすい病院を選ぶことが一番大切です。
また、年収が高い病院はなぜ年収が高くなるのかも見ておく必要があります。忙しく夜勤回数が多いため給料が高くなっている場合や残業が多く残業代によって年収があがっているというケースもあります。やみくもに年収だけを見て転職を決めてしまうと、自分の理想とのギャップを感じることになってしまいます。

② 年収だけでなく福利厚生の充実度も見る

ほかにも、年収だけでなく福利厚生の充実度も見ておく必要がります。例えば、子育て中の看護師さんの場合、育児支援制度や院内保育園の設置が整っていれば毎月の出費が抑えられ、結果的に年収が上がります。また、単身の看護師さんも家賃補助や寮の制度があれば支出が減り、年収が変わってきます。
他にも年間の休日日数や産休・育休制度、慶弔休暇制度、リフレッシュ休暇制度など休暇制度の充実度も見ておく必要があります。全く休みが取れない病院だと、いくら年収がよくてもプライベートや家庭を犠牲にしなくてはいけなくなります。

③ 年収をあげるためには、今までの経験やスキルを活かせる病院を選ぶ

転職を決めるときに年収だけを見ないと分かっていても、やはりできるだけ年収の高い病院で働きたいと思うものです。その場合は、できるだけ自分の今までのキャリアや免許、スキルが活かせる職場を選ぶとよいでしょう。
病院は、特に中途採用の場合は即戦力を求めています。そのため、経歴や年数によっては給料を優遇してくれるところが多いのです。

④ 年収を上げるためにキャリアアップや働く場所を変えてみる

自分にはキャリアもスキルもないという方は、思い切ってスキルアップを目指してみるのもよいでしょう。例えば、看護師が助産師の免許を取得した場合、平均して給料が約100万円程度はUPできます。他にも認定看護師の資格を取るのもよいでしょう。
また、働く科目や場所によっても年収が大きく変わるので、比較的年収の高い国立大学や美容業界、企業看護師など働く場所を変えて給料UPを目指す方法もあります。

⑤ 看護師求人サービスに登録し、できるだけ交渉してみる

年収UPを目指したい!給料UPは転職条件で譲れない!という方は、看護師求人サービスに登録して専門のキャリアコンサルタントの方にアドバイスをもらうという方法もあります。
キャリアコンサルタントの方は看護師の転職や病院の内情に関しては広い情報と知識を持っているので、年収UPを目指せる働き方や病院を紹介してもらうことができます。また、給料の条件交渉もしてもらえるので、キャリアコンサルタントの方を通じて、自分の希望する年収条件を病院に伝えて交渉してもらうのも一つの方法です。

年収だけではなく、看護師として長く働き続けられるかどうかで転職を決める

転職を考えたとき、年収の良し悪しはとても大切な条件ですが、それだけでは良い病院か働きにくい病院かを判断することはできません。
自分のライフスタイルに合わせて、働き方をしっかり見直し、年収は妥協できるところは妥協することも必要です。また、年収だけなく福利厚生や休日の充実度などトータル的に働きやすさを見て転職することも大切です。

オススメ看護師転職サイト

看護師の平均年収とその考え方について都道府県別に解説!

看護のお仕事」がおすすめの理由

  • 全国12万件以上の医療機関情報
  • とにかく給料を上げたい!という転職も可能!
  • 看護師のあなたの代わりに待遇交渉
\簡単!1分で登録完了/看護のお仕事を見てみる

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます