看護師が年収800万円を手にするために確実な方法は〇〇になること!?

看護師が年収800万円を手にするために確実な方法は〇〇になること!?

高給取りのイメージがある看護師ですが、年収800万円となるとかなりハードルが高くなります。果たして看護師で年収800万円は可能なのか?そして、その方法とは?

看護師で年収800万円は可能?

看護師で年収800万円を手にすることは可能なのでしょうか?
また、年収800万円とは現実的にどれくらいの役職に就くと可能なのか、見てみましょう。

年収800円万円は一般企業の課長クラス

まずは一般企業の年収800万円クラスはどれくらいの役職の人が手にしているのでしょうか。

厚生労働省の「賃金構造基本統計調査」(平成28年)の産業計(企業規模100人以上)で役職別の年収(男女合計)をまとめたもので確認してみましょう。
(年収は総支給額ですが、概算で示しています。)

役職 35歳~39歳 40歳~44歳 45歳~49歳 50歳~54歳 55歳~60歳
非役職 約516万円 約543万円 約575万円 593万円 586万円
係長級 660万円 677万円 725万円 731万円 696万円
課長級 796万円 843万円 917万円 898万円 869万円
部長級 836万円 980万円 1,100万円 1,123万円 1,087万円

年収800万円は部長・課長クラス

上のデータを見ると、年収800万円は係長ではちょっと無理な金額ですが、部長や課長なら手にできる金額であることがわかります。

一般企業で年収800万円の求人

部長や課長といった役職に就かない場合でも、一般企業では年収800万円の求人があります。

ただし、それらはほとんどが営業職で営業成績次第で報酬が上下するというものです。自分に合う分野での営業で好成績を上げると年収800万円は可能ですが、それだけの報酬が保証されているわけではありません。

また専門分野の研究や開発、コンサルティングなど特殊な知識や能力を必要とされる職種で年収800万円が可能という求人があります。

看護師で年収800万円は少数派!?

次に看護師の年収の分布を、日本看護協会の「病院勤務の看護職の賃金に関する調査報告書」(2012年)で見てみます。

年収額 割合
100万~200万円 1%
200万~300万円 3.8%
300万~400万円 10.9%
400万~500万円 23.5%
500万~600万円 22.9%
600万~700万円 15.0%
700万~800万円 10.3%
800万~900万円 3.8%
900万~1000万円 1.1%

看護師の年収は400万円~600万円が最多

看護師で年収500万円~600万円を得ているのは全体の約23%で、決して少ないわけではありません。

しかし、年収が700万円~800万円は全体の10.3%しかいないことから、ハードルが高いことがうかがえます。

年収800万円の看護師の求人は少ない

看護師の求人サイトで実際に年収800万円の求人があるのかどうか、確認してみましょう。

求人サイトでは年収600万円が上限

いくつかの求人サイトを見てみたところ、年収600万円程度までは明記している募集がありますが、「年収800万円」で募集を出しているところはありません。

やはり看護師にとっても年収800万円は、そう簡単に手にできる金額ではないことがわかります。

非公開求人を探すのもひとつの方法

看護師専門の求人サイトでは、登録した人だけが見られる「非公開求人」があります。これは特に好条件の求人案件を紹介するもので、募集内容を閲覧したり、応募したりするには、その求人サイトに登録することが条件になっています。

また、アドバイザーが相談に乗ってくれるので、少しでも報酬が高い求人を探す場合は無料登録してみるといいでしょう。

看護師が年収800万円を手にする方法

求人でも年収800万円の仕事が見つからないとしたら、看護師が年収800万円を手にするにはどうすればいいのでしょうか。

少しでも報酬の高い勤務先で役職に就くこと

看護師の役職は勤務先によって多少異なりますが、主任、副看護師長、看護師長、副看護部長、看護部長などがあります。

特に看護部長になると、病院の副院長並みの発言力を持ち、報酬も高くなります。日本看護協会の調査結果から役職付き看護師の平均基本給と主な仕事内容を見てみましょう。

看護師の役職別の基本給と仕事内容

役職 平均基本給 仕事内容
看護部長(専任) 約43万円 看護部のトップ。事務部長(事務方のトップ)や診療部長(医師のトップ)とともに院長を補佐して病院運営に関わる
副看護部長 約41万円 看護部長の補佐
看護師長 約37万円 各病棟や診療科ごとに看護師長がいて、各部署のリーダーとして看護師をまとめる仕事。
病棟の責任者でもあり、看護師の指導や教育、患者とその家族のケアや対応、実習生の受け入れなど幅広い業務をこなす
副看護師長 約35万円 看護師長の補佐
主任 32万7,000円 より現場に近い立場で、看護師の意見をまとめて看護師長や病院の運営側に伝えたり、病院の運営方針を現場のスタッフに伝えたりする

上の金額は平均的な基本給です。勤務先の給与体系によって同じ役職でも基本給の額は異なりますし、これに上乗せされる各種手当の額も異なります。

看護師の役職手当

看護師は資格手当や夜勤手当など、基本給以外にさまざまな手当が支給されます。

日本看護協会の調査によると、看護師の役職手当(役職に応じて一律支給の場合)は下記のようになっています。

看護部長 81,307円
副看護部長 60,856円
看護師長 45,439円
副看護師長 26,159円

役職手当だけを見ていると、それほど高額ではなく魅力を感じるものではありませんね。
ところが、基本給、賞与、各種手当などを合わせた年収の総額でみると、役職に就いている看護師はかなりの高収入であることがわかります。

看護師の役職別の年収

日本看護協会が調べたデータでは管理職の年収の分布は次のようになっていて、700万円~900万円の割合が高くなっています。

年収 割合
400~500万円 4.4%
500~600万円 13.2%
600~700万円 17.6%
700~800万円 22.1%
800~900万円 22.1%
900~1000万円 13.2%
1000万円~ 0%

ちなみに管理職の平均年収は7,193,631万円となっています。管理職にはどの程度の役職が含まれるのかはっきりしませんが、平均で約720万円の年収があるということはもっと多い人もいるということです。

やはり看護師で年収800万円を得るには、管理職になるのが近道だと言えます。

看護師が管理職に就くには

では、看護師が管理職に就くにはどうすればいいのでしょうか。次の2つの方法が考えられます。

  • 現在の勤め先で努力して昇進する
  • 管理職として別の病院に採用される

現在の勤め先で努力して昇進する

看護師が管理職になるには、現在の勤め先で一段階ずつ昇進していくのが一般的です。まず最初は主任になり、副看護師長になり、看護師長へと段階を経て昇進していきます。

とは言っても昇進は年功序列制のところが多く、自分より先輩が多いとなかなか昇進の機会に恵まれません。

また、病院内で実施される研修に積極的に参加するなど、忙しくても病院運営に協力的な姿勢を取ることが必要になります。

管理職として別の病院に採用される

一方、まれなケースではありますが、管理職として別の病院に採用される事例もあります。求人を出して募集するよりも個別に引き抜くことが多いようですが、その場合はいきなり年収800万円は難しいでしょう。

看護師長や訪問看護ステーションの所長などを要請されて着任したとしても、最初は年収500~600万円程度からのスタートになります。

管理職で年収800万円が可能なのは大きな施設の場合のみ

看護部長や看護師長になれば誰でも年収800万円前後が得られるというわけではありません。

経営状態が思わしくない病院ではそんなに高額な報酬を出せないでしょうし、中小規模の施設でも難しいでしょう。

やはり大規模病院や大きな医療法人などでないと年収800万円は期待できないと思われます。

看護師の管理職には悩みやストレスが多い

看護部長や看護師長などの管理職は名誉職ではありません。幅広い業務があり、責任も重くなります。

新人の教育や指導、人員配置、患者さんの対応など、あらゆる場面で決断を求められ、責任を負うことになります。その分、ストレスがたまり、心身ともに負担を感じる人が多いようです。

ちなみに看護師の管理職で「担っている業務に対する給与総月額の満足度」(日本看護協会調べ)では、23.5%がやや不満、29.4%が不満と回答しています。なんと全体の半数以上が業務の責任や内容に対して給与が不満と感じているということですね。

これから年収800万円を目指そうと思うナースの方は、収入だけでなく労働条件や業務内容、責任の重さと自分のライフスタイルなどをよく考えて進むべき方向を考えるといいでしょう。

まとめ

年収800万円というと、一般企業では部長・課長クラスが手にできる収入です。または営業や研究開発などでも可能ですが、誰にでも手にできるという金額ではありません。

看護師では管理職(主任、副看護師長、看護師長、副看護部長、看護部長)の平均年収が約720万円となっています。その中でもより高いポストに就いている人なら800万円も可能だと考えられます。

ただし、求人では年収800万円を提示しているものはほとんどありません。そのため、看護師として年収800万円を目指すならば、現在の勤め先で昇進していくか、別の病院で管理職として採用されるかのいずれかの方法になります。

ただし、他病院に看護師長として迎えられるケースは少ない上に、すぐに年収800万円になれるわけではありません。

また、看護師の管理職はたとえ年収が高くても、業務内容が多く、責任が重大です。心身の負担なども考慮して、収入を求めるのか、看護師としてのやりがいを求めるのかをよく考えることが大切です。

看護師転職サイトを地域から探す

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

看護師に人気の記事一覧