外来看護師の求人~募集内容と押さえておきたい応募のポイント

外来看護師の求人~募集内容と押さえておきたい応募のポイント

看護師の求人は大きく分けると病棟勤務か外来勤務かのいずれかになります。外来は病棟勤務に比べると夜勤がなく、土日も休みで働きやすいイメージがありますが、実際はどんな仕事内容で待遇はどうなのでしょうか。

このページでは外来看護師の求人の内容や応募する際に押さえておきたいポイントについてご説明しています。

外来看護師の求人を出しているのはどんなところ?  

まずは外来の看護師求人は、下記のような施設で募集しています。

  • 総合病院
  • クリニック・診療所
  • 美容クリニック
  • 人間ドッグ・健康診断センター

それぞれの施設の特徴を見てみましょう。

総合病院の特徴

総合病院は多くの診療科があり、20床以上の施設のことを指します。主な診療科は「内科」「外科」「産婦人科」「眼科」「耳鼻咽喉科」「外科」「整形外科」などですが、病院の規模によって異なります。内科の中でも「消化器内科」「呼吸器内科」「循環器内科」など、より細分化している病院もあります。

総合病院は種類も規模もさまざま

総合病院は地域の中核となる病院もあれば、救急医療やリハビリ、高度医療などに力を入れている病院もあります。大学病院も総合病院に含まれます。

外来には多くの科があり、それぞれの科に看護師が配属されています。そのため、外来だけでも多くの看護師が必要になります。

クリニック・診療所の特徴

入院設備がない医院、または病床が19以下の病院をクリニックや診療所と言います。入院患者を収容する病棟がない(ある場合でも病床数が少ない)ので、外来の診察が中心になります。

1つの診療科に特化したクリニックが多い

クリニックは「〇〇内科」「〇〇小児科」というように1つまたは2つの診療科だけで運営しているところがほとんどです。

1つのクリニックの看護師の数はそれほど多くはありません。

美容クリニックの特徴

美容整形や美容皮膚科など保険適用ではない治療を行っている施設です。クリニックの規模はさまざまで、規模に応じて看護師の数が異なります。

美容クリニックはきれいで便利な環境が多い

美容クリニックは外観も内観もきれいでおしゃれな施設が多い傾向にあります。予約制にしているところが多いためか、外来は静かでバタバタすることはほとんどありません。

人間ドッグ・健康診断センターの特徴

その名の通り、健康診断を実施する施設です。総合病院やクリニックなどと違い、治療行為はほとんどありません。

また、予約が中心なので病院などの外来と比較すると、それほど忙しくはないと言えるでしょう。

オススメ看護師転職サイト

外来看護師の求人~募集内容と押さえておきたい応募のポイント

看護のお仕事」がおすすめの理由

  • 全国12万件以上の医療機関情報
  • 看護師さんが勤務する職場の内部事情に詳しい
  • 看護師のあなたの代わりに待遇交渉
\簡単!1分で登録完了/看護のお仕事を見てみる

外来の看護師求人に求められるスキル

看護師は学校で一通りのことは学んでいますが、それぞれの施設や診療科によって求められるスキルが異なります。

外来の場合はどのようなスキルがあると安心でしょうか。

診療科によって必要なスキルは異なる

診療科によって、次のようなスキルが求められます。

内科 採血、血圧測定など一般的なスキル
循環器科 心電図や心エコーなどの操作
小児科 自分の言葉で症状を表現できない子どもが相手なので正確に症状を読み取る観察力や子どもや保護者に優しく接する姿勢
救急科 幅広い医療の知識やスキル、冷静な判断力

これらは一例ですが、各診療科によって求められるスキルや能力、経験などが異なります。

外来看護師の求人に応募する際は経験をアピール?または新しいことに挑戦する?

外来の看護師の求人に応募する場合は、それまでの経験がある診療科を選ぶと経験がアピールできます。

例えば内科病棟勤務だった場合、内科・小児科のクリニックを応募すると経験をアピールできます。また、過去に外来勤務経験があれば、「外来経験者優遇」という求人があるので強みになります。

やる気のある人は歓迎される!

しかし、未経験の診療科でももちろん応募は可能です。多くの求人で「慣れるまで指導します」「研修制度あり」などを明記して、やる気のある人を歓迎しています。

また、新たに資格取得を目指す人には支援する制度を設けているところもあるので挑戦してみるといいでしょう。

外来の看護師求人の仕事内容

次に仕事内容を見てみましょう。

外来での看護師の仕事の流れ

外来看護師の仕事は、次のような流れで行います。

患者さんの呼び出し 基本的に受付順にカルテが回ってくるので、それに沿って患者さんを診察室に呼び出す
診察の介助 ・患者さんを診察イスに誘導する
・血圧や検温などのバイタルチェックをする
・医師が診察しやすいように患者さんの体位や衣服を変えるなどの介助
・検査の説明や検査室までの誘導(行き方の説明)
・次回予約の説明など
病棟看護師との連携 外来受診後に入院する場合は病棟看護師に連絡して引き継ぐ
カルテの記入 患者さんのバイタルや検査内容などを記入することがある

外来看護師の大変な部分

外来看護師はほとんどが日勤なので、交替勤務の大変さはありません。しかし、次のような大変さがあります。

  • 待ち時間が長く不満を持つ患者さんからのクレーム対応が大変
  • 待っている間に体調が悪化した患者さんの対応
  • 忙しくて昼食が遅くなる
  • さまざまな症状の患者さんに対応する必要がある

このように外来は午前、午後という限られた診察時間内に多くの患者さんが訪れるため、一時期に忙しさが集中します。その中で大変さを顔に出さないように患者さんに対応しなければなりません。

また、患者さんの年代も症状もさまざまなので、幅広い対応が求められます。

外来看護師の求人の待遇は?

さて、外来看護師の求人で一番気になる待遇はどうでしょうか。

外来看護の求人の勤務時間と給与

外来看護師の勤務時間は基本的に日勤が中心で、8:30~19:30の間の8時間勤務が多いようです。

給与は雇用形態によって、また経験などによって異なります。下記は一例です。

正社員の場合 27万円~30万円(1ヶ月の給与)
パートの場合 時給1800円~2000円

外来看護師の求人の福利厚生

ほとんどの求人で社会保険(健康保険、厚生年金など)や有給休暇はきちんと準備されています。

ただ、個人経営の診療所やクリニックの中には、通勤手当や住宅手当などが整っていないところがあります。また、昇給額が少ないところがあるので、事前に確認しておきましょう。

外来看護の求人のメリット・デメリット

外来看護師として働く場合のメリットとデメリットを確認しておきましょう。

外来看護師のメリット

次のようなメリットがあります。

  • 夜勤がない
  • 残業が少ない
  • パートの場合は午前中だけの勤務も可能なので、子どものお迎えや帰宅に間に合う
  • 土日・祝日など休診日は休める

外来看護師のデメリット

一方、次のようなデメリットもあります。

  • 夜勤がないので給与が少ない
  • 個人経営や小規模のクリニックでは福利厚生面が整っていないことがある
  • 院長1人、看護師2人という小規模医院では人間関係が悪化すると居づらくなる
  • 看護師としてのスキル向上が望めない

子育て中は外来で、子どもが成長してからは病棟勤務を希望するという場合は、総合病院の外来求人に応募して、時期が来たら交替勤務を希望するといいでしょう。

また、長く勤めることを視野に入れて、看護師として常にスキルアップや自分で勉強する姿勢を持つことが大切です。

外来の看護師求人を探すときの注意点

外来の看護師求人はたくさんあります。ただ、自分との相性や希望する条件かどうかなどいくつかのチェックポイントを押さえておきましょう。

外来看護師の求人票のチェックポイント

次の点を確認しておくと安心です。

  • 勤務時間と残業の有無
  • 年間休日日数
  • 社会保険、各種手当の有無
  • 1日のおおよその患者数とスタッフの数

特に1日の患者数とスタッフの数を聞いておくと、どれくらい忙しいのかが予測できます。

看護師の求人サイトを利用すれば聞きにくいことも聞ける

求人票には必要な項目は記載されていますが、職場の雰囲気や忙しさ、患者さんの年齢層(高齢者が多いのか、子どもが多いのか)など実際に働く現場の様子がわかりません。

しかし、自分で問い合わせをしたり、職場見学をしたりといったことはなかなか難しいものです。

そんなときは看護師専門の求人サイトを利用してみましょう。コンサルタントが代わりに調べてくれます。また、多くの求人をサポートした経験から、自分に合う案件を紹介してもらえるというメリットがあります。上手に活用してみましょう。

外来看護師の求人の内容~まとめ

外来の看護師の求人はたくさんありますが、募集している施設が総合病院なのかクリニック・診療所なのか、健診センターなのかで仕事内容や待遇は違ってきます。

また、正社員なのかパートなのかによっても給与は差が出ます。いずれの場合でも外来看護師は日勤が中心で、残業も少ない傾向にあります。なお、職場の雰囲気や待遇などで気になる場合は、看護師の求人サイトを利用するとコンサルタントが教えてくれます。

応募する際には今までの経験をアピールすると同時に、やる気も伝えるようにしましょう。自己アピールのポイントも求人サイトのコンサルタントがアドバイスしてくれるので、ぜひ相談してみてください。

看護師転職サイトを地域から探す

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます