看護師の土日祝休みの求人は狭き門!?人より早く見つけて決めるコツ

看護師の土日祝休みの求人は狭き門!?人より早く見つけて決めるコツ

看護師の求人は常にたくさんありますが、その中でも土日祝が休みの求人は希望者が多く人気があります。

そんな中でいざ自分の希望条件に合う求人を見つけようと思っても、「なかなかピッタリの求人がない」と感じたことはありませんか?

実は看護師の土日祝の求人は、意外と狭き門なのです。このページでは、土日祝が休みの求人を希望する人のために「早く見つけて採用を決めるコツ」についてご説明します。

看護師の土日祝休みの求人は多い?少ない?

看護師業界はずっと人材不足で、多くの医療機関や介護施設、企業などが求人募集を出しています。その中にはもちろん土日祝が休みの案件もあるのですが、果たして「より取り見取り」の売り手市場なのでしょうか?

よく見ると土日祝の求人は意外と少ない

ある大手看護師求人サイトで、土日祝が休みの求人はどれくらいあるのか見てみました。

まず「正看護師」「日勤のみ(土日休み)」「常勤」という条件で、施設形態を「一般病棟」「大学病院」「一般+療養」「療養型病院」「健診センター」「クリニック」「訪問介護」「介護施設」「保育園・学校」というすべての選択肢を選び、東京都内全域で検索したところ、求人は682件ありました。

ところが施設形態を「クリニック」だけに絞ると求人数は77件に減ってしまいます。さらに都内23区だけに限定すると62件にまで減ってしまいました。

もちろん「土日祝休み」であれば介護施設でも健診センターでも構わないというのならもう少し選択肢は増えますが、確実に土日祝が休みと言えるのはクリニックが中心になると考えられます。

そうなると、意外と求人数は少ないことがわかります。

地方の土日祝休みの求人はもっと少ない

上でご紹介したのは東京都という大都市圏での話です。地方に行くともっと求人数は少なくなります。

同じ求人サイトで大阪市で、条件は同じ(正看護師、日勤のみ(土日祝休み)、常勤)ですべての施設形態を選んでも、求人は42件しかありません。これをクリニックだけに絞ると6件だけになってしまいます。

大阪市でもこれだけ土日祝休みのクリニックの求人が少ないということは、さらに地方に行くともっと少なくなると言えるでしょう。

オススメ看護師転職サイト

看護師の土日祝休みの求人は狭き門!?人より早く見つけて決めるコツ

看護のお仕事がおすすめの理由

  • 全国12万件以上の医療機関情報
  • 看護師さんが勤務する職場の内部事情に詳しい
  • 看護師のあなたに代わって待遇交渉

自分に合う「土日祝休み」の求人を見つける方法

勤務先をクリニックだけに限定しなければもう少し求人数は増えますが、「完全な土日祝休み」とはならないケースがあります。

また、仕事内容や通勤距離(時間)、給与や福利厚生などの待遇面で必ずも満足できる求人があるとは限りません。

どうすれば自分に合う求人を見つけることができるのでしょうか。

複数の求人サイトに登録するのがコツ

看護師の求人の探し方には、次のような方法があります。

  • 新聞の折り込みチラシ
  • 求人のフリーペーパー
  • 有料の求人雑誌
  • ハローワーク・eナースセンターなどの公的機関
  • 病院のホームページ
  • 病院の「看護師募集」の貼り紙
  • 紹介
  • 看護師専門の求人サイト

これらのうち、看護師専門の求人サイト以外は自力で求人を調べなければなりません。ハローワークやeナースセンターではアドバイスなどはありますが、検索は自分で行います。

また、求人のフリーペーパーや新聞折り込みチラシ、病院のホームページなどは自分でひとつひとつ調べる必要があります。

一方、看護師の求人サイトは自分で検索もできますが、専門のコンサルタントがその人の希望に合う求人をいくつか紹介してくれます。

求人サイト1社だけでは情報が偏る

忙しく働く看護師が、次の転職先を自分でコツコツ探すのはかなり大変です。そこで求人サイトの利用がおすすめなのですが、1社だけに登録して安心している人が多いのではないでしょうか。

1社だけではどうしても偏りがあります。例えば、次のようなケースです。

  • 病院の病棟勤務の募集に強い(交替勤務の求人が多い)
  • 介護施設関連の求人が多い
  • パート・アルバイトの求人が多い
  • 派遣社員の求人が多い

このように求人サイトごとに強みや得意分野があります。運よく1社で理想の求人に巡り会えるといいのですが、必ずしもそうではないため、複数の求人サイトに登録しておきましょう。

もちろん登録は無料なので、安心です。

応募を急かす求人サイトは要注意

日勤のみで土日祝が休みの求人は人気が高いので、競争が激しくなります。しかし、それを理由に応募を急がせるような求人サイトは注意しましょう。

求人サイトは紹介した看護師の採用が決まると、求人依頼を出していた医療機関や施設から求人サイトの会社に謝礼が支払われるシステムになっています。そのため、少しでも採用を増やそうとするサイトがあります。

それが本当に応募する看護師や採用する医療機関にとってベストなのかどうかは疑問です。

「早く決めないと他の人に決まってしまいますよ」
「こんないい求人はめったにありませんよ」
などと強引にすすめたり、しつこく何度も電話やメールをしてくる求人サイトは少し距離を取るといいですね。

そういった点を見極めるためにも、何社かの求人サイトに登録するのがおススメです。

土日祝休みの看護師求人を見つけるには希望をはっきりさせることが重要

求人サイトに登録すると、「どんな求人が希望なのか」を聞かれます。その際に「とにかく土日休みがいいんです!」と主張するだけでは、コンサルタントは困ってしまいます。

自分はどんな働き方を希望するのか、気持ちを整理しておきましょう。

希望条件の整理のポイント

希望条件としては、次の項目があります。よく考えて、「この条件は絶対譲れない」「ここは多少妥協してもいい」といった点を自分の中で整理しておきましょう。

雇用形態 正社員(常勤)、派遣社員、パート・アルバイト、契約社員
勤務形態 日勤のみ、夜勤のみ、2交替制、3交替制、
施設形態 総合病院(一般病院)、大学病院、一般+療養、療養型病院、クリニック、訪問看護、介護施設、健診センター、保育園・学校、企業、その他施設
担当業務 外来、病棟、オペ室、救急外来、ICU系、透析、訪問看護、介護、健診、訪問診療など
給与 基本給や月収(または年収)は最低どれくらいを希望するか、賞与(ボーナス)の有無、各種手当の内容など
福利厚生 寮・託児所の有無、産休・育休・介護休暇の有無など
通勤 通勤時間、通勤距離、車通勤が可能か、交通費の上限

特に給与は自分が生活するのに最低どれくらいは必要かを明確にしておく必要があります。さらに、託児所の有無や産休・育休なども確認しておきたいですね。

希望条件に優先順位をつける

希望を言い出すとキリがありませんが、その中でも「これだけは絶対譲れない」という条件を決めておきましょう。

例えば、次のようなものが考えられます。

  • シングルマザーなので土日祝は絶対休みたいが、給与は毎月〇〇万円必要
  • 2人目の出産を考えているので、産休や育休があるところがいい
  • 保育園に子どもを預けてから出勤するので〇〇駅の近くがいい
  • 子どもが小さいので今は日勤で土日祝休みが希望だが、子どもが成長したら病棟での交替勤務をしたいので総合病院が希望

このように自分の中で優先順位を決めておくと、いくつかの求人案件を紹介されたときに選びやすくなります。

まとめ

土日祝が休みの求人を希望する人は多いのですが、それに対して求人件数はそれほど多くはありません。

特に地方に行くと条件を絞れば絞るほど求人数は少なくなっていきます。

そこで自分が望む条件の求人を探すには、「少しでも多くの求人案件を知るために複数の看護師求人サイトに登録する」「自分の希望条件と優先順位をはっきりさせる」の2点を意識しましょう。

求人サイトのコンサルタントは希望条件が明確であればあるほど求人を探しやすくなります。ただ、あまり高望みしすぎると該当する案件は減ってしまいます。

コンサルタントとよく相談しながら進めるのがポイントです。

オススメ看護師転職サイト

看護師の土日祝休みの求人は狭き門!?人より早く見つけて決めるコツ

看護のお仕事がおすすめの理由

  • 全国12万件以上の医療機関情報
  • 看護師さんが勤務する職場の内部事情に詳しい
  • 看護師のあなたに代わって待遇交渉

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます