千葉県の看護師求人!3つのポイントまとめ

  • 看護師数は全国でも最下層!人員需要が高いので転職のチャンス♪
  • 看護師平均年収は東京とほぼ同水準!高給を目指すことも可能
  • 房総半島では医療従事者の不足が深刻…!郡部に転職するのもアリ!?

医療機関の不足に悩む千葉県!看護師求人事情の現在

首都圏は医療機関の総数が多い反面、人口あたりの医療機関数が不足する傾向にあります。千葉県も例外ではありません。総数で見れば、病床数20床以上の病院が243院で全国47都道府県中9位、病床数19床以下の診療所が3,688院で全国8位。しかし、人口10万人あたりの医療機関数を確認すると、病院数が3.92院で全国44位、診療所数が59.53院で全国45位となっています。

千葉県の人口は622万4,027名で全国6位。増大した人口に対して、医療機関の供給が追いつかない状況が続いているわけです。基本的に都会に近づくほど人口あたりの医療機関数は少なく、さらに東日本ほど人口当たりの医療機関不足が顕著…という状況にあります。実際、1都3県を中心とした東京近郊は医療機関充足度において軒並み下位に沈んでいるのが現状。医療機関が急速に増加する…というのは現実的でないため、今後も同じ状況が継続すると考えるべきでしょう。

看護師充足度はワースト3位!?転職戦線を分析

次に千葉県内の看護師数を確認してみると、看護師総数は49,445名で全国9位。しかし、人口1,000人あたりの看護師数を算出すると7.98名となり、これは全国の都道府県で45位に相当します。医療機関と同様、人口との対比で見ると完全に看護師不足の状態です。

足りないのは看護師だけではありません。人口10万人あたりの保健師数も29.95名に留まっており、これは全国42位。さらに、人口10万人あたりの助産師数に関しても42.86名で全国43位です。看護師の上位資格物である保健師と助産師に関しても著しい不足傾向になっています。
ただ、人員不足ということは、多くの医療機関が新しく看護師を雇用したい状況にあることを意味します。今から転職活動をはじめる…というのであれば、むしろ好待遇の求人を探し出すチャンスと言えるでしょう。

原則的に、定期募集している求人より、急募の求人のほうが待遇は良くなります。急募の場合、“多少の人件費がかかっても良いから、今すぐに人手が欲しい”という状況に陥っていることが多いからです。看護師不足の現状を逆手に取り、少しでも給与水準の高い求人を探してみてはいかがでしょうか?

千葉県基本データ
病院数 243院
診療所数 3,688院
看護師平均年収 522.0万円
看護師平均年齢 39.3歳

離職率が低いのに看護師不足!?平均年齢は関東最高

千葉県の看護師平均年齢は39.3歳。これは関東地方でもっとも高い平均年齢です。平均年齢が低いほど“結婚や出産を機に退職する人”の割合が多いことを示唆するので、千葉県は若くして退職する看護師の比率が低いことになります。要するに、千葉県は離職率が低い都道府県ということになるでしょう。

問題は、離職率が低いのに看護師の人数が足りていないこと。離職率の高い地域であれば、退職した看護師−潜在看護師の職場復帰で人員不足を補う…という方針が成立しますが、千葉県は当てはまりません。離職率が低い分、潜在看護師の割合が少ないと推測できます。

千葉県の看護師年収は高水準!東京都の523万円に肉薄

現状を鑑みると、千葉県の看護師不足を解決するには、他県からの流入促進、新人看護師の育成…といったトータルでの対策が必要になるでしょう。幸いにして、千葉県の看護師平均年収は522万円と高水準です。離職率を上げないように看護師の待遇を維持しながら、少しでも人員を増やしていく努力が求められています。

ちなみに、千葉県内の一般病床数は38,974床で全国9位。しかし、こちらも人口あたりの病床数は全国45位に留まっています。看護師配置基準7:1が一般的となった現在、看護師が増えないことには病床数を充足させることも困難でしょう。千葉県の医療事情を改善するためには、まず看護師をはじめとしたコメディカルスタッフの増員が不可欠です。

医療崩壊…!?千葉県の看護師をとりまく現状

千葉県の医療を語るとき、“千葉県は全国の縮図”という表現がなされます。千葉県は南北に細長く、東京に近い都市部と房総半島方面の郡部で医療事情が大きく異なるからです。これが、都市と地方で医療水準に差がある日本全国の状況に類似している…というわけです。

実際、千葉県の郡部では“医療崩壊”と呼んでも差し支えないほどの大問題が頻発しています。千葉県北東部の香取・海匝保健医療圏では、2008年に銚子市立病院が休止に追い込まれました。医師不足で外科と内科の担当医が各1名になった結果、救急対応が停止。救急患者を受け入れられないことから経営が悪化し、そこに人員不足による診療報酬低下が追い打ちをかけたのです。結局、資金繰りの悪化で2008年にいったん閉院し、2年後の2010年5月に医療法人財団銚子市立病院再生機構のもとで診療再開に漕ぎ着けました。

香取・海匝医療圏では、銚子市立病院以外の病院も、医師数減少などを理由に診療科削減が相次いでいます。目当ての医療機関・診療科が閉鎖されてしまった患者は、地域拠点病院である旭中央病院に集中し、旭中央病院は医療機能が破綻しかけるほど忙殺されたそうです。結局、旭中央病院でも労働環境の悪化に耐えかねた医師の離職が相次ぎ、事態は香取・海匝医療圏の医療機能そのものが揺らぐまでにエスカレートしました。

救急病院の不足!房総半島東部の救急事情

問題を抱えているのは香取・海匝医療圏だけではありません。房総半島東部の山武・長生・夷隅医療圏もまた、深刻な問題を抱えています。山武・長生・夷隅医療圏には3次救急を担う救命救急センターもなければ、救急医療の拠点病院も存在しません。結果、救急患者は、千葉県内のほかの医療圏に搬送されることが多くなっています。そのため、山武・長生・夷隅医療圏では救急患者の8割が、30分以上の時間をかけて搬送されているのです。

東京近郊の千葉医療圏、東葛北部医療圏、東葛南部医療圏に救急医療を担う医療機関が充実している反面、郡部は深刻な医療機関不足に悩まされています。千葉の医療を救うためにも、看護師を含めた医療関係者の増員が達成されることを願ってやみません。

木更津東邦病院の非公開求人を確認したい方は看護のお仕事
を今すぐチェック!。
木更津東邦病院の非公開求人