福島県の【5月新着求人】とおすすめ求人の探し方

福島県のおすすめ最新求人情報

オススメ看護師サイト

福島整肢療護園

MCナースネット」がおすすめの理由

  • 全国12万件以上の医療機関情報
  • 看護師さんが勤務する職場の内部事情に詳しい
  • 看護師のあなたの代わりに待遇交渉
\簡単!1分で登録完了/MCナースネットに登録する(無料)

福島県の看護師の転職市場の状況と特徴

【福島県】看護師の転職市場の状況1

公益財団法人日本看護協会が運営するeナースセンターの登録データに基づく看護職の求職・求人・就職に関する分析報告書によると、2020(令和2年)度の福島県では、看護職への求職者数783に対して、求人数は415の施設・2,252人となっています。

求人倍率は2.88倍と47都道府県中で12番目、全国平均の2.05倍を上回る水準です。

※公益財団法人日本看護協会 eナースセンター登録データに基づく看護職の求職・求人・就職に関する分析報告書2020(令和2年)度 第1章求職・第2章求人・第3章応募・就職状況より
https://www.nurse-center.net/nccs/scontents/NCCS/html/pdf/2020/202_3.pdf
https://www.nurse-center.net/nccs/scontents/NCCS/html/pdf/2020/202_4.pdf
https://www.nurse-center.net/nccs/scontents/NCCS/html/pdf/2020/202_5.pdf

【福島県】看護師の転職市場の状況2

また、JMAP地域医療情報システムの福島県の統計によると、2021年11月時点で、福島県内には127の病院と、1,079の一般診療所があります。

人口10万人当たりの施設数では、病院数が6.93(全国平均が6.49)、一般診療所が58.86(全国平均が69.75)となり、全国平均と比較すると病院数の割合は多く一般診療所数の割合は少なくなっています。

※JMAP地域医療情報システム福島県統計(日本医師会)より
https://jmap.jp/cities/detail/pref/7
※2021年11月時点の地域内医療機関情報の集計値(人口10万人あたりは、2020年国勢調査総人口で計算)

【福島県】看護師の転職市場の状況3

厚生労働省が発表している「令和2年度(2020年度)衛生行政報告例」によると、福島県内の看護師数は17,654と全国で22番目に少なく、人口10万人当たりの看護師数は963.0で全国平均の1015.4人を下回る水準です。

なお、福島県の看護師の平均年齢は43.5歳です。

※令和2年度(2020年度)衛生行政報告例 令和2年(2020年)末時点【保健師・助産師・看護師・准看護師】 第1表 就業保健師・助産師・看護師・准看護師数及び率(人口10万対),都道府県別
https://www.e-stat.go.jp/stat-search/file-download?statInfId=000032069431&fileKind=0
※令和2年賃金構造基本統計調査 都道府県、職種(特掲)、性別きまって支給する現金給与額、所定内給与額及び年間賞与その他特別給与額(産業計)(全国~11埼玉)より
https://www.e-stat.go.jp/stat-search/file-download?statInfId=000032069529&fileKind=0

福島県は北海道・岩手県に次いで日本で3番目に広い面積の都道府県で約183万人が暮らしています。磐梯山や猪苗代湖、裏磐梯高原、尾瀬湿原など、「うつくしま」のキャッチコピーのとおり美しい自然に囲まれたエリアです。

県の東側が太平洋に面しているものの西側は日本海側の気候となり、夏場は山間部でも涼しくなることがありますが、盆地では蒸し暑くなるのが特徴です。

農業産出額が多く全国7位の規模を誇っており、米や桃のなどの山地として知られています。他にはいわき市のカツオや郡山市の養殖鯉などの水産物などが有名です。

交通網ではJRやバスが発展しているものの、公共機関を利用して通勤する人は少なく、マイカーで通勤する人がほとんどとなっています。

代表的な病院としては、下記の病院があります。

  • 太田綜合病院付属大田西ノ内病院
  • 竹田綜合病院
  • 福島県立医科大学会津医療センター附属病院
  • 星総合病院
  • 会津中央病院
  • 福島県立医科大学附属病院
  • 大原綜合病院
  • 脳神経疾患研究所付属総合南東北病院
  • 福島赤十字病院
  • 済生会福島総合病院

福島県の看護師の年収と平均給与(統計情報)

【福島県】看護師の年収の平均

厚生労働省が発表している「令和2年度賃金構造基本統計調査」による福島県の看護職の平均年収は上記のとおりです。

平均年収はそれぞれ、看護師が約457.1万円、准看護師が約361.5万円、看護助手が約245.6万円となっています。

いずれの水準も全国平均の基準を下回っている状況です。

※令和2年賃金構造基本統計調査 都道府県、職種(特掲)、性別きまって支給する現金給与額、所定内給与額及び年間賞与その他特別給与額(産業計)
https://www.e-stat.go.jp/stat-search/file-download?statInfId=000032069529&fileKind=0

福島県の看護師求人に関するよくある質問

福島県の看護師の求人数は多いですか?

【福島県】看護師の求人数は多い?

福島県の病院・一般診療所の人口10万人当たりの病院数や一般診療所数は、全国平均と比較すると病院数の割合は多く一般診療所数の割合は少なくなっています。

また、求職施設数と求人数は全国的に見てもそれほど多いとはいえません。そのため、求人はあまり多くないでしょう。

ただし、看護師専門の転職エージェントや転職サイトでは、福島県の看護師求人を豊富に取り扱っているため、転職先を見つけやすいでしょう。

福島県では看護師が転職しやすいですか?

【福島県】看護師が転職しやすい?

福島県の看護師求人の求人倍率は2.88倍で、全国平均の2.05倍を上回る水準です。

一般職業紹介における福島県の有効求人倍率が1.49倍(令和3年12月)であり、看護師の求人倍率と比較して2倍近く高いことから、他の都道府県や他業種・他職種と比較すると転職しやすいといえます。

※一般職業紹介状況(職業安定業務統計)都道府県(受理地)別 労働市場関係指標(実数、季節調整値)より
https://www.e-stat.go.jp/stat-search/file-download?statInfId=000032166004&fileKind=0

福島県で看護師求人が多いエリアはどこですか?

【福島県】看護師求人が多いエリア

ハローワークで紹介されている求人情報によれば、福島県全体での看護職系の求人(看護師、准看護師、看護助手、保健師、助産師)は758件あります。

そのうち、いわき市の求人170件(約22%)、以下福島市が147件(約19%)、郡山市が128件(約17%)となっており、3つの市の求人が全体の約59%を占めています。

※ハローワークインターネットサービスでのリサーチの結果(2022年4月30日時点)
https://www.hellowork.mhlw.go.jp/index.html

JMAP地域医療情報システムの地域別統計によれば、福島県内で病院や一般診療所が多い地域は下記のとおりです。

地域名 人口(2020年国勢調査) 病院数 一般診療所数 合計
福島市 282,693人 21 213 234
いわき市 332,931人 26 207 233
郡山市 327,692人 23 200 223
会津若松市 117,376人 7 76 83
須賀川市 74,992人 6 43 49
白河市 59,491人 2 40 42
伊達市 58,240人 3 33 36

※JMAP地域医療情報システム地域別統計で調査した福島県の統計のうち、医療機関数(合計)で数が多い7つの市町村の詳細を調査した結果(2021年11月時点の地域内医療機関情報の集計値)
https://jmap.jp/cities/search

上記の結果より、いわき市・福島市・郡山市では看護系求人が多い傾向にあるといえます。

福島県の看護師の求人が多い業種は?

【福島県】看護師の求人が多い業種

同じく、ハローワークで紹介されている求人によると、福島県内の看護師の求人が579件、以下准看護師が418件、保健師・助産師が86件、保健師・助産師が44件となり、看護師と准看護師の求人数が圧倒的に多くなっています。

※ハローワークインターネットサービスでのリサーチの結果(2022年4月30日時点)
https://www.hellowork.mhlw.go.jp/index.html

また、施設別の求人数でみると、病床数20~199の小規模病院の求人が全体の27.5%、病床数200~499の中規模病院の求人が13.1%、病床数500以上の大規模病院の求人が9.5%、介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)の求人が6.9%、無床の診療所の求人が6.4%で、上記5つの施設での求人が全体の63.4%を占めているのが現状です。

※ナースセンター登録データに基づく看護職の求職・求人・就職に関する分析報告書2020(令和2年)度 第1章求職・第2章求人・第3章応募・就職状況より
https://www.nurse-center.net/nccs/scontents/NCCS/html/pdf/2020/202_4.pdf

まとめ

今回は福島県の看護師の転職市場の状況や特徴、看護師の平均年収などを紹介しました。

福島県の看護師の転職市場を見ると、人口10万人当たりの一般診療所数は全国平均よりも少なく、求職施設数や求人数も全国的に見てそれほど多くありません。

ですが看護師の求人倍率が全国で12番目に高く人口10万人当たりの病院数の割合は全国平均よりも高くなっています。

そのため、福島県では看護師転職がしやすいといえるでしょう。

転職を目指すのであれば求人数が多いいわき市や福島市、郡山市での仕事探すことをおすすめします。また求人職種は看護師と准看護師が多くなっている点も意識しておきましょう。

ナースキャリアチェンジでは、看護師のための求人情報サイトを紹介しています。求人情報サイトや転職エージェントをうまく活用すれば転職できる可能性が高まりますので、気になる求人を見つけられたなら、これらのサービスの利用を検討しましょう。

本記事を参考に福島県での看護師転職を実現させましょう。

看護師に人気の記事一覧