鹿児島県の【11月新着求人】とおすすめ求人の探し方

鹿児島県のおすすめ最新求人情報

オススメ看護師サイト

隼人温泉病院

MCナースネット」がおすすめの理由

  • 全国12万件以上の医療機関情報
  • 看護師さんが勤務する職場の内部事情に詳しい
  • 看護師のあなたの代わりに待遇交渉
\簡単!1分で登録完了/MCナースネットに登録する(無料)

鹿児島県の看護師の転職市場の状況と特徴

鹿児島県の看護師の転職市場の状況①

公益財団法人日本看護協会が運営するeナースセンターの登録データに基づく看護職の求職・求人・就職に関する分析報告書によると、2020(令和2年)度の鹿児島県では、看護職への求職者数1,333に対して、求人数は2,538人(求人を出している施設数は610)となっています。

求人倍率は1.90倍と全国で31番目、全国平均の2.05倍を下回る水準です。

※公益財団法人日本看護協会 eナースセンター登録データに基づく看護職の求職・求人・就職に関する分析報告書2020(令和2年)度 第1章求職・第2章求人・第3章応募・就職状況より
https://www.nurse-center.net/nccs/scontents/NCCS/html/pdf/2020/202_3.pdf
https://www.nurse-center.net/nccs/scontents/NCCS/html/pdf/2020/202_4.pdf
https://www.nurse-center.net/nccs/scontents/NCCS/html/pdf/2020/202_5.pdf

鹿児島県の看護師の転職市場の状況②

また、JMAP地域医療情報システムの鹿児島県の統計によると、2021年11月時点で鹿児島県内には233の病院と、1,114の一般診療所があります。

人口10万人当たりの施設数では病院数が14.67(全国平均が6.49)、一般診療所数が70.14(全国平均が69.75)となり、いずれも全国平均を上回る水準となっています。

※JMAP地域医療情報システム鹿児島県統計(日本医師会)より
https://jmap.jp/cities/detail/pref/46
※2021年11月時点の地域内医療機関情報の集計値(人口10万人あたりは、2020年国勢調査総人口で計算)

鹿児島県の看護師の転職市場の状況③

厚生労働省が発表している「令和2年度(2020年度)衛生行政報告例」によると、鹿児島県内の看護師数は23,443人と全国で16番目の水準となっています。

人口10万人当たりの看護師数は1,476.0人で、全国平均の1015.4人を大きく上回る水準です。

また、鹿児島県における看護師の平均年齢は41歳です。

※令和2年度(2020年度)衛生行政報告例 令和2年(2020年)末時点【保健師・助産師・看護師・准看護師】 第1表 就業保健師・助産師・看護師・准看護師数及び率(人口10万対),都道府県別
https://www.e-stat.go.jp/stat-search/file-download?statInfId=000032069431&fileKind=0
※令和2年賃金構造基本統計調査 都道府県、職種(特掲)、性別きまって支給する現金給与額、所定内給与額及び年間賞与その他特別給与額(産業計))より

鹿児島県は九州地方の南西部に位置し、九州島の部分の県本土と薩南諸島などからなる離島に分かれ、島数は605あり日本で2番目に多くなっています。

日本有数の農業県として知られており、サツマイモやさやいんげん、茶などの産地となっています。養豚業も盛んで年間収益が約820億円にも達する基幹産業となっています。他には鰹節やうなぎ、焼酎の製造が有名です。

有名な観光スポットには有形文化財建造物に指定されている出水麓や入来麓、知覧の他、活火山である桜島や霧島温泉郷、日当山温泉、指宿温泉、屋久杉、マングローブ林などがあります。

交通面では国内線・国際線の両方の離発着があり鹿児島空港を始め、JR球種の九州新幹線や鹿児島本線、肥薩おれんじ鉄道、鹿児島市交通局の路面電車などが運行されています。通勤には路面電車やJR線が利用されることも多いですが、多くの方はマイカー通勤されています。

ただし、朝のラッシュ時には幹線道路が住宅を起こしやすいため、通勤に時間が掛かることケースもあります。

代表的な病院としては、下記の病院があります。

  • 県民健康プラザ鹿屋医療センター
  • 国立病院機構鹿児島医療センター
  • 今給黎総合病院
  • 鹿児島大学病院
  • 鹿児島市立病院
  • 鹿児島市医師会病院
  • 鹿児島赤十字病院
  • おぐら病院
  • 社会医療法人天陽会 中央病院
  • 鹿児島共済会 南風病院
  • 大隅鹿屋病院

鹿児島県の看護師の年収と平均給与(統計情報)

鹿児島県の看護師の年収と平均給与

厚生労働省が発表している「令和2年度賃金構造基本統計調査」による鹿児島県の看護職の平均年収は上記のとおりです。

平均年収はそれぞれ、看護師が約444万円、准看護師が約375.6万円、看護助手が約250.1万円となっています。

いずれの水準も全国平均の基準を下回っている状況です。

※令和2年賃金構造基本統計調査 都道府県、職種(特掲)、性別きまって支給する現金給与額、所定内給与額及び年間賞与その他特別給与額(産業計)
https://www.e-stat.go.jp/stat-search/file-download?statInfId=000032069529&fileKind=0

鹿児島県の看護師求人に関するよくある質問

鹿児島県の看護師の求人数は多いですか?

鹿児島県の看護師の求人数は多い?

鹿児島県の人口10万人当たりの病院数や一般診療所数は全国平均値を大きく上回る水準です。

一方で、求職施設数と求人数は全国的に見て標準的といえます。都道府県に人口規模などを考えても、求人は多いとも少ないともいえないといったところです。

ただし、看護師専門の転職エージェントや転職サイトでは、鹿児島県の看護師求人を豊富に取り扱っているため、転職先を見つけやすいでしょう。

鹿児島県では看護師が転職しやすいですか?

鹿児島県は看護師が転職しやすい?

鹿児島県の看護師求人の求人倍率は1.90倍で、全国平均の2.05倍を下回る水準です。

一般職業紹介における鹿児島県の有効求人倍率が1.43倍(令和3年12月)であり、看護師の求人倍率の方が0.47ポイント高い水準であることから、他業種・他職種と比較すると転職しやすいといえますが、看護師での転職は他の都道府県と比較して簡単ではないといえます。

※一般職業紹介状況(職業安定業務統計)都道府県(受理地)別 労働市場関係指標(実数、季節調整値)より
https://www.e-stat.go.jp/stat-search/file-download?statInfId=000032166004&fileKind=0

鹿児島県で看護師求人が多いエリアはどこですか?

鹿児島県の看護師求人が多いエリアは?

ハローワークで紹介されている求人情報によれば、鹿児島県全体での看護職系の求人(看護師、准看護師、看護助手、保健師、助産師)は1,460件あります。

そのうち、鹿児島市の求人が524件(約36%)、鹿屋市の求人が104件(約7%)、薩摩川内市の求人が97件(約7%)、霧島市の求人が94件(約6%)、姶良市の求人が85件(約6%)
となっており、5つの市の求人が全体の約62%を占めています。

特に鹿児島県最大の都市である鹿児島市には、看護系の求人が集中していることが分かります。

※ハローワークインターネットサービスでのリサーチの結果(2022年6月30日時点)
https://www.hellowork.mhlw.go.jp/index.html

JMAP地域医療情報システムの地域別統計によれば、鹿児島県内で病院や一般診療所が多い地域は下記のとおりです。

地域名 人口(2020年国勢調査) 病院数 一般診療所数 合計
鹿児島市 593,128 87 460 547
霧島市 123,135 15 84 99
鹿屋市 101,096 14 58 72
薩摩川内市 92,403 11 77 88
姶良市 76,348 11 55 66
出水市 51,994 5 36 41
日置市 47,153 9 30 39
奄美市 41,390 7 29 36
指宿市 39,011 9 31 40

※JMAP地域医療情報システム地域別統計で調査した鹿児島県の統計のうち、医療機関数(合計)が多い市町村の詳細を調査した結果(2021年11月時点の地域内医療機関情報の集計値)
https://jmap.jp/cities/search

鹿児島県内で病院数と医療施設数が多い都市上位5都市は、ハローワークにおける求人数の多い地域と一致することが分かります。

上記の結果より、鹿児島市・鹿屋市・薩摩川内市・霧島市・姶良市では看護系求人が多い傾向にあるといえます。

鹿児島県の看護師の求人が多い業種は?

鹿児島県の看護師の求人が多い業種は?

同じく、ハローワークで紹介されている求人によると、鹿児島県内の看護師の求人が1,044件、以下准看護師が766件、看護助手が185件、保健師・助産師が44件となり、看護師と准看護師の求人数が圧倒的に多くなっています。

※ハローワークインターネットサービスでのリサーチの結果(2022年6月30日時点)
https://www.hellowork.mhlw.go.jp/index.html

また、施設別の求人数でみると、病床数20~199の小規模病院の求人が全体の26.8%、病床数200~499の中規模病院の求人が10.5%、診療所(有床)の求人が10%、診療所(無床)の求人が7.4%、訪問看護ステーションの求人が7.3%となります。

上記5つの施設での求人が全体の62%を占めているのが現状です。

※ナースセンター登録データに基づく看護職の求職・求人・就職に関する分析報告書2020(令和2年)度 第1章求職・第2章求人・第3章応募・就職状況より
https://www.nurse-center.net/nccs/scontents/NCCS/html/pdf/2020/202_4.pdf

まとめ

今回は鹿児島県の看護師の転職市場の状況や特徴、看護師の平均年収などを紹介しました。

鹿児島県の看護師の転職事情では、人口10万人当たりの病院数や一般診療所数は全国平均よりも多い状況です。

看護師の求人倍率は1.9倍と全国平均を下回る水準にありますが、一般職業紹介の有効求人倍率より高いため、他の業種・職種と比較すれば看護師の転職はしやすいといえるでしょう。

求人数は多いとも少ないともいえません。そのなかでも求人数が多い地域は鹿児島市・鹿屋市・薩摩川内市・霧島市・姶良市で、求人が多い職種は看護師または准看護師となっています。

鹿児島県で看護師として転職したいのであれば、ナースキャリアチェンジの利用がおすすめです。ナースキャリアチェンジでは、看護師のための求人情報サイトを紹介しています。うまく活用すれば自分の希望に合った転職先を見つけられたり、効率的に転職活動を進めたりすることができるでしょう。

特に鹿児島県は看護師の求人数が多いとは言えない状況であり、看護師の求人倍率も全国平均を下回っています。そのため、求人情報サイトや転職エージェントなどを利用して、転職に成功する確率を少しでも上げることが重要です。

本記事を参考に鹿児島県での看護師の転職を実現させましょう。

看護師に人気の記事一覧