神奈川県の【8月新着求人】とおすすめ求人の探し方

神奈川県のおすすめ最新求人情報

オススメ看護師サイト

別府病院

MCナースネット」がおすすめの理由

  • 全国12万件以上の医療機関情報
  • 看護師さんが勤務する職場の内部事情に詳しい
  • 看護師のあなたの代わりに待遇交渉
\簡単!1分で登録完了/MCナースネットに登録する(無料)

神奈川県の看護師の転職市場の状況と特徴

【神奈川県】看護師の転職事情の状況1

公益財団法人日本看護協会が運営するeナースセンターの登録データに基づく看護職の求職・求人・就職に関する分析報告書によると、2020(令和2年)度の神奈川県では、看護職への求職者数3,197人に対して、求人数は5,641人(求人を出している施設数は1,281)となっています。

求人倍率は1.76倍と全国で35番目、全国平均の2.05倍を下回る水準です。

※公益財団法人日本看護協会 eナースセンター登録データに基づく看護職の求職・求人・就職に関する分析報告書2020(令和2年)度 第1章求職・第2章求人・第3章応募・就職状況より
https://www.nurse-center.net/nccs/scontents/NCCS/html/pdf/2020/202_3.pdf
https://www.nurse-center.net/nccs/scontents/NCCS/html/pdf/2020/202_4.pdf
https://www.nurse-center.net/nccs/scontents/NCCS/html/pdf/2020/202_5.pdf

【神奈川県】看護師の転職事情の状況2

また、JMAP地域医療情報システムの神奈川県の統計によると、2021年11月時点で神奈川県内には335の病院と、6,212の一般診療所があります。

人口10万人当たりの施設数では病院数が3.63(全国平均が6.49)、一般診療所数が67.25(全国平均が69.75)となり、病院数・一般診療所数の割合は全国平均よりも少なくなっています。

※JMAP地域医療情報システム神奈川県統計(日本医師会)より
https://jmap.jp/cities/detail/pref/14
※2021年11月時点の地域内医療機関情報の集計値(人口10万人あたりは、2020年国勢調査総人口で計算)

【神奈川県】看護師の転職事情の状況3

厚生労働省が発表している「令和2年度(2020年度)衛生行政報告例」によると神奈川県内の看護師数は73,139人と全国で3番目の高水準ですが、人口10万人当たりの看護師数は791.8人で全国平均の1015.4人を下回る水準です。

なお神奈川県の看護師の平均年齢は40.6歳です。

※令和2年度(2020年度)衛生行政報告例 令和2年(2020年)末時点【保健師・助産師・看護師・准看護師】 第1表 就業保健師・助産師・看護師・准看護師数及び率(人口10万対),都道府県別
https://www.e-stat.go.jp/stat-search/file-download?statInfId=000032069431&fileKind=0
※令和2年賃金構造基本統計調査 都道府県、職種(特掲)、性別きまって支給する現金給与額、所定内給与額及び年間賞与その他特別給与額(産業計))より
https://www.e-stat.go.jp/stat-search/file-download?statInfId=000032069529&fileKind=0

神奈川県は関東地方の南西部に位置しており、人口約920万人は首都・東京都に次ぐ全国第2位に規模を誇る都市です。西部には丹沢山地や箱根山地、東部は東京湾、南部は太平洋に接しており、海にも山にも恵まれた地域性があります。

全国で屈指の観光都市としても知られており、横浜市内にある中華街や赤レンガ倉庫、横浜コスモワールド、小田原にある小田原城などさまざまな観光スポットがあります。

商工業のほか、横浜港・川崎港・横須賀港の3港での貿易も盛んに行われており、特に横浜港は全国の港別貿易額で成田空港・名古屋港・東京港に次ぐ全国第4位の規模となっています。

交通機関はJRだけではなく京王電鉄、東急電鉄、横浜高速鉄道、小田急電鉄、京浜急行電鉄、よこはまシーサイドライン、相模鉄道、横浜市交通局、江ノ島電鉄、湘南モノレールなど多くの私鉄鉄道網が整備されており、県内のどこへでも公共交通機関を利用して行くことが可能です。

また東京都や埼玉県・千葉県方面へ続く直通電車も多く、都心方向への通勤にも便利です。

代表的な病院としては、下記の病院があります。

  • 北里大学病院
  • 聖マリアンナ医科大学病院
  • 済生会横浜市東部病院
  • 横浜労災病院
  • 国立病院機構横浜医療センター
  • 神奈川県警友会けいゆう病院
  • 横浜南共済病院
  • 沖縄徳洲会湘南鎌倉総合病院
  • 横浜市立大学付属市民総合医療センター
  • 徳洲会湘南藤沢徳洲会病院

神奈川県の看護師の年収と平均給与(統計情報)

【神奈川県】看護師の年収と平均給与

厚生労働省が発表している「令和2年度賃金構造基本統計調査」による神奈川県の看護職の平均年収は上記のとおりです。

平均年収はそれぞれ、看護師が約521.8万円、准看護師が約484.7万円、看護助手が約340.8万円となっています。

いずれの水準も全国平均の基準を大きく上回っている状況です。

※令和2年賃金構造基本統計調査 都道府県、職種(特掲)、性別きまって支給する現金給与額、所定内給与額及び年間賞与その他特別給与額(産業計)
https://www.e-stat.go.jp/stat-search/file-download?statInfId=000032069529&fileKind=0

神奈川県の看護師求人に関するよくある質問

神奈川県の看護師の求人数は多いですか?

【神奈川県】看護師の求人数は多い?

神奈川県の病院・一般診療所の人口10万人当たりの病院数や一般診療所数は全国平均よりも少なくなっています。

一方で、求職施設数と求人数は全国的に見てかなり多いです(求職施設数は全国で5番目に多く、求人数は7番目に多い)。そのため、求人数は多いといえるでしょう。

なお看護師専門の転職エージェントや転職サイトでは、神奈川県の看護師求人を豊富に取り扱っているため、転職先を見つけやすいでしょう。

神奈川県では看護師が転職しやすいですか?

【神奈川県】看護師が転職しやすい?

神奈川県の看護師求人の求人倍率は1.76倍で、全国平均の2.05倍を下回る水準です。

一般職業紹介における神奈川県の有効求人倍率が0.87倍(令和3年12月)であり、看護師の求人倍率の方が約0.9ポイント高い水準となっています。

そのため、他の都道府県と比較すると転職しにくいものの、他業種・他職種と比較すると転職しやすいといえます。

※一般職業紹介状況(職業安定業務統計)都道府県(受理地)別 労働市場関係指標(実数、季節調整値)より
https://www.e-stat.go.jp/stat-search/file-download?statInfId=000032166004&fileKind=0

神奈川県で看護師求人が多いエリアはどこですか?

【神奈川県】看護師の求人が多いエリアは?

ハローワークで紹介されている求人情報によれば、神奈川県全体での看護職系の求人(看護師、准看護師、看護助手、保健師、助産師)は2,706件あります。

そのうち、横浜市の求人が1,157件(約43%)、以下川崎市が426件(約16%)、相模原市が186件(約7%)、横須賀市が150件(約6%)、藤沢市が142件(約5%)となっており、上記5つの市の求人が全体の約76%を占めています。

上記5つの市は神奈川県内でも人口が多い地域に当たり、県全体の人口に対する各市の人口の割合と、求人数の割合は大まかに一致するといえます。そのため人口が多い分、求人数も多くなるといえるでしょう。

※ハローワークインターネットサービスでのリサーチの結果(2022年5月7日時点)
https://www.hellowork.mhlw.go.jp/index.html

JMAP地域医療情報システムの地域別統計によれば、神奈川県内で病院や一般診療所が多い地域は下記のとおりです。

地域名 人口(2020年国勢調査) 病院数 一般診療所数 合計
横浜市 3,777,491人 131 2766 2897
川崎市 1,538,262人 39 960 999
相模原市 725,493人 35 381 416
藤沢市 436,905人 16 385 401
横須賀市 388,078人 11 269 280
平塚市 258,422人 9 167 176
茅ヶ崎市 242,389人 7 144 151
厚木市 223,705人 12 131 143

※JMAP地域医療情報システム地域別統計で調査した神奈川県の統計のうち、医療機関数(合計)が多い市町村の詳細を調査した結果(2021年11月時点の地域内医療機関情報の集計値)
https://jmap.jp/cities/search

こちらでも人口に応じて病院数や一般診療所数が多いことがわかります。

上記の結果より、横浜市・川崎市・相模原市・横須賀市・藤沢市では看護系求人が多い傾向にあるといえます。

神奈川県の看護師の求人が多い業種は?

【神奈川県】看護師の求人が多い業種は?

同じく、ハローワークで紹介されている求人によると、神奈川県内の看護師の求人が2,235件、以下准看護師が1,341件、看護助士が288件、保健師・助産師が89件となり、看護師と准看護師の求人数が圧倒的に多くなっています。

※ハローワークインターネットサービスでのリサーチの結果(2022年5月7日時点)
https://www.hellowork.mhlw.go.jp/index.html

また、施設別の求人数でみると、病床数20~199の小規模病院の求人が全体の16.3%、病床数200~499の中規模病院の求人が16.1%、診療所(無床)の求人が12.4%、訪問看護ステーションの求人が11.1%、有料老人ホームグループホームの求人が7.9%となります。

上記5つの施設での求人が全体の63.8%を占めているのが現状です。

※ナースセンター登録データに基づく看護職の求職・求人・就職に関する分析報告書2020(令和2年)度 第1章求職・第2章求人・第3章応募・就職状況より
https://www.nurse-center.net/nccs/scontents/NCCS/html/pdf/2020/202_4.pdf

まとめ

今回は神奈川県の看護師の転職市場の状況や特徴、看護師の平均年収などを紹介しました。

神奈川県の看護師の転職事情では、人口10万人当たりの病院数・一般診療所数ともに全国平均を下回っています。看護師の求人倍率も1.76倍とやや低い水準にありますが、一般職業紹介の有効求人倍率よりは高いため、他の業種・職種と比較すれば看護師の転職はしやすいといえます。

一方で求人数は多い傾向にあり、横浜市・川崎市・相模原市・横須賀市・藤沢市では特に求人数が多くなっています。また求人が多い職種は看護師または准看護師です。

なお神奈川県で看護師として転職したいのであれば、ナースキャリアチェンジの利用がおすすめです。

ナースキャリアチェンジでは、看護師のための求人情報サイトを紹介しているので、うまく活用すれば効率的に転職活動を進められます。

本記事を参考に神奈川県での看護師の転職を実現させましょう。

看護師に人気の記事一覧