看護師転職支援サービスをうまく利用して上手に転職しよう!

看護師転職支援サービス

看護師さんが転職を考えるとき、ネットなどで転職支援サイトをよく目にすると思います。そこで紹介されているのが看護師転職支援サービスです。さまざまな会社が運営しているので、うまく利用すればとても転職や復職がスムーズに進みますし、一人で活動するよりとても有利です。

ですが、初めてだとどの会社がいいのか分からなかったり、どのように活用すればいいのか不安になったりすると思います。今回は、転職支援サービスをうまく活用する方法についてお話ししたいと思います。

看護師転職支援サービスの種類や特徴、選び方は?

看護師の転職支援サービスを運営する会社は20社以上あり、それぞれに特徴や得意とする分野があります。そのため、自分に合った支援サービスを見つけることが重要です。それぞれの支援サービスにはどのような種類や特徴があるのでしょうか。

看護師転職支援サービスには様々な特徴がある!

  • 全国の求人情報を取り扱っている大手の支援サービス
  • 首都圏や東海・関西のみなどエリアをしぼって展開している支援サービス
  • 正職員の求人を多く取り扱うところ、非常勤やパートなどの求人も幅広く取り扱っているところ
  • 看護師のみの支援サービスに特化して得意としているところ
  • 看護師以外にも助産師や管理職の求人、医師、理学療法士などの求人も取り扱っているところ
  • 美容外科の求人に特化して取り扱っているところ
  • 顧客満足度の充実や転職支度金の支給などサービス内容が充実しているところ
  • 病院の求人が充実しているところ、施設の求人が充実しているところ、ICUや救急医療など幅広くい科の求人を取り扱っているところなど

上記以外にも会社によってさまざまな特徴やサービスがあるので、転職や復職を考え始めたらまず転職支援サイトを見て利用したいサービスを2~3社程度しぼっておくとよいでしょう。自分に合うサービスを見つけるためのポイントは以下のとおりです。

自分に合うサービスを見つけるためのポイント

  1. 自分が就職したい規模や科がある病院や施設の求人を取り扱っているところ
  2. 自分に合ったサービス内容が受けられるところ
  3. 情報や求人の情報が見やすく、自分の欲しい情報を提供してくれるところ

看護師転職支援サービスの利用の仕方

では、実際に転職支援サービスをどのように利用、活用すればよいのでしょうか。具体的な流れを見ていきましょう。

自分が利用したい転職支援サービスを2~3社決める

まず、たくさんある転職支援サービスから利用したいサービスを2~3社程度決めます。このとき、1社だけだと情報が偏ったり、自分が就職したい病院を探せなかったりするので2~3社程度は決めておくと有利です。

反対に利用するサービスが多すぎても情報量が多く迷ったり、キャリアコンサルタントの方とのコミュニケーションがうまく取れなかったりするので注意しましょう。

それぞれのサービスの無料登録をおこなう

利用したいサービスが決まったら無料登録をおこないます。氏名や住所、持っている免許や経験年数などを登録します。この情報によって担当のキャリアコンサルタントの方が決まり、アドバイスをもらえるので、正しく登録することが大切です。

キャリアコンサルタントから電話があれば、自分の希望条件や重視している点などを伝える

無料登録をおこなったら、登録した日もしくは数日中にはキャリアコンサルタントの方から電話があります。そこでさらに細かい条件や困っていること、迷っていることなども伝えておきます。きちんと情報交換をおこなってコミュニケーションを取っておくことが、これからの転職活動をスムーズにおこなうコツとなります。

また、キャリアコンサルタントの方が探してくれる病院や施設以外にも、支援サイトに載っている求人情報で自分が希望する病院の求人や条件などを見ておくようにします。もし気に入った病院があればコンサルタントの方に伝え、現在の求人の有無等を調べてもらうとよいでしょう。

キャリアコンサルタントから電話を受け、マメに情報交換をする

キャリアコンサルタントの方が初回の電話や登録された情報を元におすすめの病院や施設を探して電話をくれます。その都度、電話を受けてマメに情報交換をしましょう。おすすめされた病院は、自分でも情報収集をして、条件に合うか見学に行きたいかなどを判断します。

もし、条件に合わないならコンサルタントの方にきちんと理由を伝えて、さらに条件に合う病院を探してもらうようにします。このやり取りを何度か繰り返す内にコンサルタントの方とも信頼関係ができますし、より自分の条件を細かく伝えていくことができます。

見学をしたい病院が決まれば日時の調整をおこなってもらい、実際に見学をおこなう

実際に見学してみたい病院が見つかればキャリアコンサルタントの方に伝え、見学の日時の調整をおこなってもらいましょう。実際に見学に行くときは念のため、履歴書と看護師の免許のコピーを持参しておくと安心です。服装やお化粧にも注意しましょう。

就職先の内定、採用へ

見学では自分が聞きたいことや譲れない条件などがあれば紙に書き出しておき、採用担当の方に質問できるようにします。見学でお互いの条件が合えば就職の内定もしくは改めて面接となります。

結果はキャリアコンサルタントの方に必ず報告するようにします。もし、見学で就職を見送りたいと思った場合はキャリアコンサルタントの方に伝えてお断りしてもらうことも可能です。

看護師転職支援サービスは転職の強い見方!

転職支援サービスやキャリアコンサルタントの方は、ただ転職までの流れを作ってくれるだけでなく、自分に合った転職先のアドバイスや相談を受けてくれたり、内部情報の提供や面接時のコツを教えてくれたりとさまざまなサポートをおこなってくれます。

自分と病院の間に入って交渉してくれる

また、先方の病院に言いにくいことや質問しにくいことも伝えてくれたり、細かい条件の交渉などもおこなってくれるので、まさに自分と病院の間に入って潤滑油となってくれる存在です。うまく利用すればとても有効な転職活動ができるでしょう。

スムーズにまた後悔しない転職をおこなうためには、できるだけ余裕を持って転職支援サービスに登録し、キャリアコンサルタントの方とのコミュニケーションをおこないながら上手に転職活動を進めていきましょう。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

オススメ看護師転職サイト

看護のお仕事

看護のお仕事

  • 全国12万件以上の医療機関情報
  • 看護師さんが勤務する職場の内部事情に詳しい
  • 看護師のあなたに代わって待遇交渉

オススメコンテンツ