看護師の転職、ハローワークを利用する場合の注意点は?

地元の小さなクリニックやリアルタイムの求人情報が比較的多く掲載されているハローワークの求人。子育て中で徒歩圏内の近くのクリニックに勤めたい場合や、短時間だけアルバイトで・・・などといった場合に探しやすいツールと言えるでしょう。

ただし、ハローワークの求人は、簡易な求人情報しか載っていないことが多く、見学や面接に行ってみて初めて自分の希望とは違ったなどということもあります。そんなトラブルを防ぐために、知っておきたいハローワークの利用の仕方についてお話ししたいと思います。

看護師の転職、ハローワークを利用するときの注意点

① 簡易な説明しか載っていないので確認が必要

ハローワークの求人はインターネットサービスにしろ、ハローワークに出向いて調べるにしろ、簡易な求人内容しか載っていません。病院のHPに載っている求人情報レベルなので、詳しい情報までは分からないことが多いです。

そのため、細かい内容や希望条件などは病院やハローワークの担当者を通じて確認することが大切です。いずれにせよ、気になる求人情報があれば一度、病院側とコンタクトを取って見学をさせてもらい、条件交渉が必要です。見学に行ってみたら自分が思っていた内容と違っていたということもありますが、妥協せず交渉することが大切でしょう。

② ハローワークの担当者は詳しいことまでは把握していない

ハローワークの担当者は、地域の全ての産業や会社の就職斡旋をおこなっています。例えば一般的な雇用形態や社会保障などについての専門的な知識はあっても、病院やクリニックの内情や雇用形態についての詳しい内容までは把握していません。

困ったことや分からないことがあればハローワークの担当者に相談すれば、アドバイスをくれたり、先方の病院に確認を取ってくれたりしますが、最終的な確認は自分でおこなわなければいけません。見学で自分が確認したいことは紙に書いておくなどして、きちんと納得して就職できるようにしておきましょう。

③ 看護師転職の専門的なアドバイスは受けられない

看護師転職サービスの看護師専門のキャリアコンサルタントは、看護師転職に関してはプロなので的確なアドバイスをくれたり、担当地域の病院とつながりがあるため病院の内情や求める人材など細かい情報を教えてくれますが、ハローワークの担当者は、看護師の就職だけを取り扱っているわけではないので一般的なアドバイスしかもらえません。

例えば、「子育て中だけどどういう病院が働きやすい?」といった質問や「高齢者施設への就職は始めてだけど経験がなくても大丈夫?」などといった専門的な相談をしたい場合や具体的なアドバイスが欲しい場合は、ハローワークだけを頼るのではなく、看護師転職サービスも利用して自分に合った病院を探すことが得策と言えるでしょう。

④ 同じ担当者にいつも担当してもらえるとは限らない

看護師転職サービスのキャリアコンサルタントの方は、自分が就職するまで担当者となってアドバイスをくれますが、ハローワークを利用する場合は、自分だけの担当者がいるわけではないので、毎回ハローワークに行くたびに、また相談するたびに担当者が変わります。

ハローワークを利用する場合は、基本的に自分で就職先を探して紹介状をもらえば、自分で見学に行って条件交渉までします。そのため、積極的になって探さないといつまで経っても就職先は決まりません。

看護師転職サービスを利用した場合ももちろん主体となって動くのは自分ですが、キャリアコンサルタントの方から条件に合う病院を紹介してもらえたり、アドバイスも積極的にもらえるので頼りになる存在と言えるでしょう。

どちらが自分に合う転職方法なのかは自分でよく吟味して、自分の条件に合う就職先が見つけられるように活動していきましょう。

看護師の転職はハローワーク以外の情報も組み合わせることが大切

ハローワークを利用するときの注意点からも分かるように、ハローワークだけの情報では細かい情報が得られないことや、専門的なアドバイスが受けられないなどデメリットがあるので、ハローワークを利用するときには他から得た情報も組み合わせて就職活動をおこなう方がよいでしょう。

ハローワークで得た情報を看護師専門のキャリアコンサルタントの方に相談する

一番、確実で専門的なアドバイスがもらえるのは看護師専門のキャリアコンサルタントの方に、ハローワークで得た情報を相談することです。例えば、看護師転職サイトでは求人情報が出ていなかったクリニックがハローワークに出ていた場合、その求人情報をキャリアコンサルタントの方に相談すれば、具体的なアドバイスがもらえるでしょう。

もちろん、そのクリニックが看護師転職サービスとのつながりが全くなければ、全ての情報を得ることは難しいですが、看護師の転職斡旋の専門家の立場から色々相談に乗ってくれるので、心強い見方になってくれるはずです。

ハローワークで得た情報を知人や友人に相談して情報を収集する

他にも、ハローワークで得た情報を自分の知人や友人の看護師や医師に相談するのもよい方法です。看護師や医師は横のつながりが広いので、思いのほか以前勤めていたことがある、友人が勤めているなど心強い情報を教えてくれる可能性があります。

もちろん、友人や知人の情報を全て鵜呑みにしてはいけませんが、さまざまな情報を組み合わせて、自分なりに転職を吟味することができるので、あらゆる場所から情報を得ることは有効と言えるでしょう。

ハローワークで得た情報を病院のHPや口コミなどで確認する

もし、情報が全く得られなければ、取りあえず見学や面接に行くまでに病院のHPやインターネット、口コミサイトなどから情報を得るという方法もあります。全く知らずに面接に行くより、さまざまなサイトや患者情報、口コミからでも内情を組み取ることができれば、転職するか否かの判断材料になるでしょう。

最終的な判断は病院の見学や面接の内容で決める

ハローワークを利用するにしろ、友人や知人からの紹介や看護師転職サービスを利用して転職するにしろ、最終的な判断はきちんと見学に行って、病院の雰囲気や上司の看護観や価値観、条件交渉などによって自分で決めることが大切です。

転職は、自分がどう納得するかが大切なので、色んな情報を得て転職するか否かの判断材料にしたとしても、最終的にその病院を自分がどう思ったか、どう感じたかを大切にして最終決定をするようにすることが大切です。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

オススメ看護師転職サイト

看護のお仕事

看護のお仕事

  • 全国12万件以上の医療機関情報
  • 看護師さんが勤務する職場の内部事情に詳しい
  • 看護師のあなたに代わって待遇交渉

オススメコンテンツ

SEARCH 看護師の求人病院を探す

北海道・東北地方

関東地方

東海地方

関西地方

中国・四国地方

九州・沖縄地方