看護協会(eナースセンター)を利用するデメリットはある?その解決策は?

看護協会を通じて求人探しをする場合に利用できるのが、eナースセンターです。eナースセンターとは、看護協会が運営しているインターネットの看護師就職斡旋事業で、看護協会を通じて転職できるので信頼があることや、インターネットで簡単に求人を探すことができるのがメリットといえます。ですが、反対にデメリットもあるので知っておくようにしましょう。その解決法についてもご紹介します。

eナースセンターを利用する場合のデメリットとは?

① 看護師求人情報にかたよりがある

看護師が転職するに当たってどれだけ求人数があるか、自分に合う求人を紹介してもらえるかは大切な内容ですが、eナースセンターを利用して求人探しをする場合、求人数にかたよりがあることがデメリットといえます。

例えば、都市部など比較的大きな町や市の求人数は多いのですが、地方の求人や小さな病院の求人数は少ないのが現状です。また、常に看護師を募集している病院の求人はありますが、ときどき求人が出すようなレアな求人情報は少ないです。

そのため、eナースセンターで出ている求人は、民間の看護師求人サービスやハローワークでも求人が載っていることが多く、eナースセンターにしかない求人というのはほとんどありません。

② eナースセンターは登録するのがややめんどう

eナースセンターで求職をおこなう場合、最初に求職者情報を登録しなければいけません。この登録には、まずIDの取得が必要だったり、看護師や保健師など持っている免許番号を入力しなければいけなかったりとやや面倒な作業です。

eナースセンター経由での就職は、この面倒な手続きはあるので先方の病院にも信頼してもらえるというメリットはありますが、転職を迷っている人など、本格的な活動まではしていない人にとっては面倒な作業と思われるかもしれません。

③ eナースセンターに登録しないと全く求人情報が見られず、どんな求人内容があるのか分からない

民間の看護師求人サービスやハローワークの場合は、インターネットで求人情報の一部を見ることができるので、どんな求人があるのかをある程度把握することができます。求人情報の一部を体験的に見ることができると、自分に合った就職先があるのかを判断できるので利用してみようと思います。

ところが、eナースセンターの場合は求人情報を一切見ることができません。eナースセンターにも求人検索の体験版はあるのですが、病院の名前や場所など詳細はほとんど見ることができないので、自分に合う求人があるのか分からずデメリットといえるでしょう。

④ 悩みや疑問があってもすぐに相談ができない

看護師求人サービスの場合は、登録すると担当のキャリアコンサルタントの方がついてくれるので、悩みや疑問があればその都度、相談することもできますし、見学や面接の日時調整、面倒な条件交渉、手続きなども全ておこなってくれます。

ハローワークで求人探しをする場合も看護師求人サービスほど手厚くはありませんが、ハローワークに出向けばいつでも相談を受け付けてくれます。

ところが、eナースセンターを利用する場合は、各地域の看護協会が決めた就職相談会や説明会などに出向いて相談するしかなく、なかなか自分のペースですぐに相談できないのがデメリットといえます。また、看護師求人サービスの相談内容は、転職の小さな悩みから方向性の相談まで多岐に渡り個別性のある相談ができますが、看護協会の場合はそこまではできないのが現状です。

⑤ 病院の内部情報までは分からない

eナースセンターを利用する場合、求人を出している病院側が提示する情報しか見られないので、看護師が知りたい具体的な情報や内部情報までは得ることができません。看護協会に電話をしても内部情報までは分からないので、入職してみたら条件と違ったなどトラブルが起こる可能性もあります。

オススメ看護師転職サイト

看護協会(eナースセンター)を利用するデメリットはある?その解決策は?

看護のお仕事」がおすすめの理由

  • 全国12万件以上の医療機関情報
  • 看護師さんが勤務する職場の内部事情に詳しい
  • 看護師のあなたの代わりに待遇交渉
\簡単!1分で登録完了/看護のお仕事を見てみる

eナースセンターのデメリットを解決する方法は?

でめりっと

では、eナースセンターを利用して求人探しをする場合、デメリットをうまく回避する方法はあるのでしょうか。また、そのためにはどうすればよいのでしょうか。

そのポイントは、求人探しをeナースセンターだけにしぼらないということです。つまり、民間会社が運営する看護師求人サービスやハローワークにも同時に登録して、転職活動をおこなうことが大切です。

多数の求人探しで活動することによってそれぞれのメリットを受けることもできますし、それぞれのデメリットを補うことができます。例えば、eナースセンターのデメリットである就職の相談ができないことに対しては、看護師求人サービスでは手厚いサポートをおこなってくれるので、キャリアコンサルタントの方に「eナースセンターでこんな求人があったけどどうですか?」など聞いてみるのもよいでしょう。

また、看護師求人サービスやハローワークとeナースセンターの求人情報を見比べてみるのもよいでしょう。さまざまなところから求人情報を見ることで求人探しの幅が広がります。大切なことは、それぞれの求人探し方法を試してみて、自分に合う求人探し方法をその中から見つけることです。

eナースセンターを利用する場合は看護師求人サービスも同時に利用するのがお得!

eナースセンターを利用する場合、看護師の職業斡旋事業といってもほぼ自分で求人を探して応募するか、反対に病院からのお誘いを待つことが多いです。また、転職についての悩みや就職を考えている病院に疑問や相談があっても聞くことができないことがデメリットです。ハローワークの場合も相談内容が限られますし、いつでも相談できるというわけではありません。

そのため、求人探しをおこなうときは手厚いサポートを充実させている看護師求人サービスを同時に利用するとより効果的に転職ができます。看護師求人サービスは、専任のキャリアコンサルタントの方がついてくれるので、eナースセンターやハローワークで見つけてきた求人を相談することも可能です。

求人探しをするときのポイントは、看護師求人サービスやハローワーク、eナースセンターなど色々な方法を利用してそれぞれのメリットをうまく活用することといえますね。

看護師転職サイトを地域から探す

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます