看護師が派遣や単発で働くとは?単発・派遣で働く方法や選び方

看護師の働き方というと病院や施設で常勤や非常勤、パートなどで働く方が多いですが、派遣や単発で自分の好きな日にちや時間だけ働くこともできます。

子育て中で働く時間に制限がある方や進学するまでの短期間だけ働きたい方、病院に就職すると人間関係が煩わしいという方などには最適な働き方です。では、派遣や単発とはどういう働き方をいうのでしょうか。また、どのような仕事があるのでしょうか。派遣や単発で働くための方法についてもお話ししたいと思います。

看護師の働き方、派遣や単発とは?

派遣の女性

看護師の働き方で派遣や単発とはどういう働き方をいうのでしょうか。派遣や単発とは看護師の派遣を斡旋する会社に自分の働きたい日にちや曜日を登録しておくと、期間限定で希望日時や時間だけ働きに行くことでできるという働き方です。

派遣や単発は病院に就職しているわけではなく、派遣会社に雇用されて病院に派遣されるという仕組みになっています。

働き方には1日~1週間だけ働く「単発」、2~3か月間、期間限定で働く「短期派遣」、更新を繰り返し最長3年まで同じ病院で働く「長期派遣」、期間限定で働いた後、病院に直接雇用されることを前提とする「紹介予定派遣」、産休や育休を取っている看護師の代わりとなって働く「産休代替派遣」などがあります。

派遣や単発として働くメリットは、働く時間や曜日が自由に決められることや、病院に直接雇用されているわけではないので人間関係などの煩わしさが少ないこと、働く病院ではなく
派遣会社から給料をもらうので比較的時給がよいこと、ダブルワークができることなどがあげられます。

反対にデメリットは働く期間が短期間なので雇用や給料が安定しないことや保険やボーナスなどの福利厚生が受けられない(保険を受けるためには一定の規定以上働く必要がある)、常に新しい職場なので慣れない、紹介してもらえる仕事が限られるなどがあります。

看護師の派遣や単発の仕事にはどのようなものがある?

看護師の単発や派遣にはどのような仕事があるのでしょうか。まず、看護師の単発の仕事には、巡回健診や健康診断の看護スタッフやイベント時の救護スタッフ、ツアーに同行するツアーナース、急遽仕事を休んだ看護師の変わりとなる臨時看護スタッフなどがあります。

短期や長期の派遣には、介護老人福祉施設やデイサービスなどで週に2~3回働く働き方や訪問入浴の健康管理スタッフとして働く方法、夜勤専従の看護スタッフとして一般病院で働く方法などがあります。他には、あまり数はありませんがスキー場やリゾート地で繁忙期だけ応援ナースとして働く働き方などもあります。

多くは1日の単発から1か月~6ヶ月間の短期派遣が多く、長期派遣の場合は病院や施設からの要請があれば更新を繰り返すことで期間を延長させることができます。働く日数は週1日~週5日までと幅があり自由に選ぶことができます。

看護師が単発や派遣で働くための方法は?

看護師が単発や派遣として働く場合は、まず看護師の派遣を斡旋している派遣会社に登録することが必要です。実際に働き始めるまでの流れを知っておきましょう。

単発や派遣で働くまでの流れ

① 登録

看護師派遣会社が運営するサイトや電話で登録をします。このとき、自分の取得している免許や経験年数、スキル、希望条件などを伝えます。会社によっては、直接会社に出向いて登録する場合もあり、本人確認や免許の確認、技術スキルのチェックなどがある場合もあります。

② 派遣先を紹介してもらう

登録が無事に済めば、自分の希望条件に合わせて適宜、求人を紹介してもらいます。

③ 手続きや面接

短期派遣や紹介予定派遣などでは、派遣先の病院で簡単な面接や手続きが必要となります。

④ 仕事の開始

実際に仕事をスタートさせます。長期派遣を希望する場合は、期間が近づいたら更新をおこないます。

派遣会社はどうやって選ぶ?

では、単発や派遣で働く場合、登録する看護師派遣会社はどのように選べばよいのでしょうか。派遣会社は会社によって派遣の紹介数や働き方の多様性、時給などもさまざまあります。そのため、派遣会社が運営するサイトで紹介されている求人をたくさん見て、自分の働きたいところや働き方が数多くあるところを選ぶようにしましょう。

また、ある程度、規模の大きい派遣会社や実績のある会社に登録した方が紹介してもらえる仕事の種類は多くなるでしょう。万が一トラブルがおこったときの対応も大手だときちんとしてくれるので安心です。

看護師の単発や派遣として働く場合も責任感を持って

看護師の単発や派遣として働く働き方は、時間や曜日が自由に働けることや人間関係の煩わしさがないことから気軽に始められる仕事ですが、1日だけの仕事も長期で働く仕事も、看護師として責任がある仕事なのは変わりないので、きちんと最後まで責任を持って働くことが大切です。

単発や派遣は、看護師が足りない病院や施設がその穴埋めに急遽、派遣看護師を要請する場合が多いです。そのため、病気や急用などで突然仕事をキャンセルすることは基本的にはしてはいけません。健康管理やスケジュール、育児との両立などうまく調整して仕事をこなすことが大切といえますね。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

オススメ看護師転職サイト

看護のお仕事

看護のお仕事

  • 全国12万件以上の医療機関情報
  • 看護師さんが勤務する職場の内部事情に詳しい
  • 看護師のあなたに代わって待遇交渉

オススメコンテンツ