看護師の30代は年収増加の別れ道!?家庭と仕事を両立しながら年収を維持する秘訣

看護師の30代は年収増加の別れ道!?家庭と仕事を両立しながら年収を維持する秘訣

看護師は年収が高い職業ですが、結婚や出産を迎える30代は仕事だけでなく家庭も大事な世代です。

そんな中、年収を維持または増やす方法はあるのでしょうか?30代看護師の年収事情を分析します。

30代看護師の平均年収は約473万円

まずは30代の看護師の平均年収がどれくらいなのか、見てみましょう。

看護師と他職種の年収の比較

厚生労働省が公表している「平成29年賃金構造基本統計調査」を見ると、各職業別の30代の年収がわかります。
なお、ここでの年収は毎月の「きまって支給する現金給与」(基本給+各種手当の合計)、つまり毎月の総支給額と年間賞与を合わせた金額で、職業はすべて女性のケースです。参考のために20代後半の年収も一緒にご紹介しています。

職種 25歳~29歳 30歳~34歳 35歳~39歳 30代平均年収
看護師 4,562,400円 4,657,200円 4,804,200円 約473万円
医師 6,721,000円 9,343,800円 10,262,700円 約980万円
薬剤師 4,759,000円 4,947,600円 5,378,100円 約516万円
栄養士 3,146,200円 3,503,400円 3,584,600円 約354万円
保育士 3,233,700円 3,375,600円 3,408,400円 約339万円
幼稚園教諭 3,321,400円 3,654,000円 3,611,300円 約363万円
高等学校教諭 4,176,500円 5,105,600円 5,822,200円 約546万円
ホームヘルパー 2,818,500円 3,246,500円 3,127,600円 約319万円
公認会計士・税理士 6,698,100円 6,202,500円 10,236,400円 約820万円
航空機客室乗務員 4,343,200円 4,809,200円 5,779,100円 約529万円 
事務職 3,186,400円 3,095,600円 3,219,000円  約316万円
百貨店店員 2,858,600円 2,861,000円 3,023,900円 約294万円
スーパーレジ 2,773,800円 2,716,500円 2,586,500円  約265万円
工場組立作業員 2,577,900円 2,419,900円 2,596,000円  約250万円

30代看護師の平均年収は他職種よりも高い傾向

この調査からもわかる通り、30代の看護師の平均年収は約473万円となっています。

同年代でスーパーのレジの30代の平均年収は約265万円、事務員(OL)の場合は約316万円となっています。そういった職業の人と比較すると、看護師は30代でも470万円もあり、かなり高給であることがわかります。

国家資格を必要とする保育士や栄養士でも30代の年収は350万円前後となっています。

一方、医師や薬剤師、高等学校教師、公認会計士・税理士、航空機客室乗務員などは30代でも平均年収が看護師よりも高く500万円を超えています。

もちろん職業に貴賤はありませんし、本人の希望や適性などもあります。そのため、年収だけですべてが語れるわけではありませんが、多くの職業の中でも看護師は年収が高い職業のひとつであると言えるでしょう。

30代看護師の年収の増加率は2~3%

25歳~29歳の看護師の平均年収は4,562,400円ですが、30歳~34歳になると年収は94,800円増加して4,657,200円になり、35歳~39歳になると147,000円増加して4,804,200円になります。

20代から30代前半にかけての年収の増加率は約2%、30代前半から後半にかけての増加率は約3%です。

年収増加率が低い職業

事務職や百貨店の店員、スーパーのレジや工場の組立作業員などは20代後半から30代にかけて年収がほぼ横ばいです。本来なら仕事を覚えて勤め先に貢献できるはずなのに、それに対しての報酬面での評価が見られません。

そういった部分を見ても看護師は年数に合わせて年収が増加するため、やりがいが感じられる職業だと言えるでしょう。

30代看護師の年収増加には結婚や出産が壁になる!?

しかし、20代後半から30代にかけては結婚や出産で一時的に仕事を休んだり、時短勤務になったりして仕事に対する比重を下げざるを得なくなる人が多くなります。

そうなるとせっかく増えてきた年収が減ってしまう可能性があります。

看護師の退職理由トップ3

日本看護協会が過去に退職を経験した看護師にアンケート調査をした結果、退職理由で多かったのは次の3つです。

  • 出産・育児のため……22.1%
  • 結婚のため……17.7%
  • 他施設への興味……15.1%

(これ以外に「その他」という理由が19.7%あります。)

看護師の退職理由には休暇が取れないとか夜勤の負担が大きいなど勤務状況に関するものもありますが、上位を占めているのは出産・育児と結婚です。

しかし、結婚や妊娠・出産をしたからと言って、必ずしも看護師を辞める必要はありません。

結婚や出産しても働き続けることも可能

日本看護協会の調査で現在の勤め先からの離職を考えていないと回答した人の理由を見ると「通勤の利便性がよい」(52.3%)、「他に適当な勤務先がない」(44.0%)、「同僚との関係が良い」(39.4%)などが多く見られました。

その中で「福利厚生が充実している」(19.2%)、「妊娠・出産支援が充実している」(9.2%)、「育児支援が充実している」(7.1%)などの回答も多くありました。

特に看護師など女性が多く活躍する医療現場では福利厚生や妊娠・出産、育児に対する支援があるかどうかは働きやすさに直結する問題だと言えるでしょう。

30代看護師が年収を維持する秘訣

もし妊娠や出産で一時的に仕事を休まなければならなくなった場合でも、収入を得る方法があります。

産休と育休を上手に使おう

産休や育休は労働基準法で定められているもので、労働者の権利を守るものです。

産休とは

産休は正しくは「産前産後休業」と呼び、休業期間は次の通りです。

産前休業 出産予定日の6週間前から(双子以上の場合は14週間前から)請求することで取得できる
産後休業 出産の翌日から8週間は就業できない
(ただし産後6週間を過ぎた後、本人が請求し、医師が認めた場合は就業可能)

妊娠中は定期的な妊婦健康診査を受ける必要があります。勤務先は労働者から申請があった場合、妊婦健康診査を受診するための時間を確保しなければなりません。また、産休やその後の育休のこともあるため、妊娠がわかったら早めに勤務先に伝えましょう。

なお、妊娠中は時間外労働や深夜業の制限や軽易作業への転換などが請求できます。そして、妊娠を理由に解雇することは法律で禁止されています。

妊娠・出産後も仕事を続けたい場合は、産休や育休を上手に取り入れましょう。

育休とは

育休は正式には「育児休業」と呼び、1歳に満たない子どもを養育する男女労働者に認められています。

なお、産休は妊娠が誰でも取得できますが、育児休業は次の場合は取得できません。

  • 雇用された期間が1年未満の場合
  • 1年以内に雇用関係が終了する場合
  • 週の所定労働日数が2日以下の場合
  • 日々雇用される場合

また、期間の定めのある労働契約(契約社員や嘱託社員など)で働く人が育児休業を取得する場合は、次の条件を満たす必要があります。

  • 同一の事業主に引き続き1年以上雇用されていること
  • 子どもの1歳の誕生日以降も引き続き雇用されることが見込まれること
  • 子どもの2歳の誕生日の前々日までに労働契約の期間が満了しており、かつ契約が更新されないことが明らかではないこと

産休・育休中の給与

産休や育休中は給与は支給されません。しかし、健康保険から出産育児一時金や出産手当金が、雇用保険から育児休業給付金が支給されます。さらに産休と育休の間の社会保険料が免除になります。

いずれも自分で申請しないといけませんし、育児休業給付金は働いていたときの月給の678%(育休開始から6ヶ月経過後は50%)になってしまいますが、育児に専念しながらでも収入があるのは助かります。

結婚や出産を経験しても年収を維持する秘訣

このように30代の看護師には結婚や妊娠・出産という出来事がありますが、さまざまな制度を活用して収入を少しでも得ることが可能です。また産休や育休の取得は、一時的に収入は減っても同じ職場に復職できるというメリットがあります。

もしも結婚や妊娠・出産を機に退職することになっても、看護師の資格はずっと有効ですし、過去の経験を活かして転職することができます。保育所完備や保育料の補助があるところもあるので探してみましょう。

30代は職場でもリーダー的な存在として期待されるため、好条件の仕事が見つけやすいというメリットがあります。家庭との両立を図りながら年収を維持またはUPしていきましょう。

まとめ

看護師は経験年数とともに年収が増加する傾向にあり、30代の平均年収は約473万円もあります。同年代の他職種と比較してもかなり多く、20代からの増加率も高くなっています。

しかし、20代後半から30代は結婚や妊娠・出産を迎える人が多くいて、一時的に離職する人が少なくありません。出産や育児を経て再就職することも可能ですが、年収を少しでも減らさないためには産休や育休を上手に取り入れましょう。休職前よりも収入は減りますが、復帰しやすい上に休業前の約50%の収入が維持できます。

もし退職する場合でも、復職時は以前よりも好条件の求人を探すことで年収を維持またはUPすることができます。30代の看護師は現場でも期待される部分が多いので、いい条件の仕事が見つかりますよ。

看護師転職サイトを地域から探す

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

看護師に人気の記事一覧