シングルマザー必見!母子寮がある看護師求人の魅力と見つけ方

シングルマザー必見!母子寮がある看護師求人の魅力と見つけ方

シングルマザーにとって仕事はとても大切です。それと同時に子育てや親子の時間も重要です。

シングルマザーが看護師として働く場合、通勤時間が長いとそれだけ子育てや家事の時間が削られてしまいます。母子寮付きの求人を探すと、そういった問題が解決できますよ。

今回は、母子寮がある看護師の求人についてご説明します。

シングルマザーの看護師こそ母子寮が必要!

子育てをしながら働くのは当たり前の時代ですが、シングルマザーの場合、子育ては自分ひとりでやらなければなりません。また、仕事と家庭(子育て)の両立では、さまざまな問題が発生します。

シングルマザーが看護師として働く場合の課題

シングルマザーが看護師として働く場合は、次のような問題や課題があります。

  • 家賃や生活費(食費、光熱費など)、子どもの保育料や教育費などの収入が必要
  • 子どもの保育園の送迎の時間が取れない
  • 夜勤があると夜間子どもを見てくれる人がいない

シングルマザー看護師が求人を探すときの注意点

シングルマザーの場合は上で書いたように、収入と子育ての時間をどう確保するかが重要です。

収入面ばかりを見ていると、子どもと過ごす時間が確保できません。一方、子どものお迎えの時間に合わせると仕事時間が短くなる(収入が減る)といった問題が発生します。

収入と子育て時間のバランスを考えることが大切です。

今の職場で無理を感じるなら転職を検討

今働いている職場で、次のような不満や不安、無理を感じているなら、もっと働きやすい環境が整った職場に転職を検討してみましょう。

  • 子どもの成長に伴う教育費の増加が不安
  • 残業を引き受けたいが子どものお迎えに間に合わないからやむなく断わっている
  • 子どもだけで留守番をさせることがあるが心配
  • 仕事と子育ての両立が難しい
  • 相談できる相手がいない

収入面は夜勤を増やす、給与が高い仕事を探すといった方法があります。一方、子育ての時間を確保するには、通勤時間が短いところ(職場から近いところに住む)が理想です

母子寮は職場から近いところにありますし、保育所や託児所完備の職場なら安心して働けます。

オススメ看護師転職サイト

シングルマザー必見!母子寮がある看護師求人の魅力と見つけ方

看護のお仕事」がおすすめの理由

  • 全国12万件以上の医療機関情報
  • 看護師さんが勤務する職場の内部事情に詳しい
  • 看護師のあなたの代わりに待遇交渉
\簡単!1分で登録完了/看護のお仕事を見てみる

母子寮完備の職場で看護師として働く場合のメリット・デメリット

母子寮のある職場で働く場合のメリットを見てみましょう。

母子寮のある職場で看護師として働くメリット

母子寮があることは、シングルマザー看護師が働く場合、たくさんのメリットがあります。

  • 通勤時間が短いので子どもとの時間が多く持てる
  • 夜勤や残業ができるので収入UPが見込める
  • 家賃が安い
  • 同僚看護師も同じ寮に住んでいることが多いので仕事や子育ての相談ができる

では、それぞれを詳しく見ていきましょう。

通勤時間が短い

母子寮は職場から近いところや通勤に便利な場所に設けられていることが多いので、通勤に時間がかからないというメリットがあります。その分、子どもとの時間を持てるほか、家事などにも使えます。

看護師に限らず働く主婦は、通勤に時間を取られるのは避けたいものです。母子寮があると時間のやりくりができるのがメリットだと言えます。

夜勤や残業ができる

シングルマザー看護師の場合は、生活費も教育費もすべて自分で稼がなければなりません。看護師は一般の事務職などと比べると収入が多いですが、それでも将来のことなどを考えると貯金もしておきたいですよね。

母子寮と24時間の託児所・保育所があれば、夜勤も残業も可能になります。その結果、収入UPが見込めます。

家賃が安い

母子寮や職員寮は自分で家を借りるよりもかなり安い家賃で入居できます。職場がその分を負担しているからですが、シングルマザーとして働く場合は家賃が安いのは助かりますね。

同僚も入居しているので相談ができる

母子寮や職員寮は職員専用として単独で建築されたものと、一般のマンションなどの一部を寮として借りている場合があります。

いずれの場合でも、同じ職場の同僚が寮に入居していることが多いので、仕事や子育ての悩みなどが相談できるのがメリットになります。

また、同年代の子どもを持つ人が同じ母子寮にいる場合は、保育園のお迎えをちょっと頼んだり、小学校の下校時間が早い日に子どもを見てもらったりとお互いに助け合うことができます。

同じ看護師として働く仲間だからこそ事情が理解できるので、何かと融通できるのがメリットだと言えるでしょう。ただし、甘えっぱなしになるとお互いにストレスになるので、節度あるつき合い方を心がけることが大切です。

母子寮のある職場で看護師として働くデメリット

母子寮がある職場で働く場合は、次のようにデメリットもあります。

  • 残業や夜勤の交替を断れない
  • 同じ寮に住む同僚に気を使う
  • プライバシーが漏れないか心配
  • 子どもの成長に合わせて通学圏の問題が発生する

残業や夜勤の交替を断れない

母子寮や職員寮に入っていると、「家が近いんだから、残業お願い!」「この日の夜勤、代わってくれない?」とお願いされるケースが増えます。

しかも、「家が近いんだから大丈夫でしょ?」という空気があるため、断りづらくなります。

同じ寮に住む同僚に気を使う

母子寮や職員寮に入居する同僚に対して、職場でも家でも気を使う場面が増えてしまいます。

「挨拶をしない」「ゴミ出しのルールを守らない」「子どものしつけをしていない」など、ささいなことで人間関係に亀裂が入る可能性があります。仕事で疲れている上に帰ってからも同僚に気を使うのは大変という人が多いのも事実です。

特に先輩や上司が同じ寮に入居している場合は、何かと気を使う場面が増えてしまいます。

プライバシーが漏れないか心配

同じ寮に住む場合は、廊下など共有施設での親子の会話を同僚に聞かれる場合があります。親子ケンカや子どもの学校のこと、子ども同士のトラブルなど、さまざまな問題が発生しますが、それを同じ寮に住む職場の同僚に見られるとウワサが広がる可能性があります。

それは託児所に子どもを預ける場合も同じです。ただ、お互いさまという側面もありますし、デメリットよりもメリットの方が大きいので割り切って利用するといいでしょう。

子どもの通学圏の問題

母子寮は通勤には便利ですが、子どもの学校が遠くなる場合があります。特に子どもが成長して中学校、高校と進学する場合に、寮から通学するのが遠い、通学圏に希望する学校がないといった問題が発生します。

その場合は寮を出て、通学に便利な場所に引越すことを視野に入れて検討しなければなりません。そのときに備えて貯金しておきましょう。

看護師が母子寮付きの求人を上手に探すポイント

母子寮がある求人を探すときのポイントをご説明します。

母子寮付き看護師求人は求人サイトが便利

看護師の求人は新聞の折り込みチラシやフリーペーパーなどでも探すことができます。しかし、新聞折り込みや求人のフリーペーパーなどは紙面の都合があり、あまり多くの情報が掲載されていません。

一方、求人サイトはインターネット上で情報を公開するため、さまざまな情報が掲載されています。雇用条件なども大切ですが、母子寮の有無を確認してみましょう。

検索条件に「母子寮」「託児所」を必ずチェックすること

看護師の求人サイトでは、自分でさまざまな条件を入力して求人情報を探すことができます。その際に、必ず「母子寮」や「託児所」をチェックするようにしましょう。

母子寮付きの看護師求人は少ない?

実際に求人サイトで検索してみましょう。東京都内全域で、正看護師、常勤(正職員)を調べてみました。

施設形態(一般病院、大学病院、一般+療養、療養型病院、クリニック、訪問看護、介護施設、健診センタなど)を選ばず、交替勤務ありで担当業務も特に選ばない場合、東京都内全域で3954件の求人が見つかりました。

次にこの条件で「母子寮あり」「託児所あり」を選択すると、443件にまで減ってしまいます。さらに東京23区内に限定すると282件になりました。

施設形態を一般病院と大学病院に限定するとさらに少なくなり、153件(23区内)です。

求人サイトのコンサルタントに相談するのがコツ

数だけ見ていると結構あるように思えるかも知れません。しかし、業務内容や職場の雰囲気、給与などをより細かく見ていくと、なかなか希望に沿う求人は少ないことがわかります。

そんなときは、求人サイトのコンサルタントに相談しましょう。シングルマザーで母子寮と託児所があるところを希望していること、収入は〇〇万円以上ほしいことなどを伝えると、それに合う求人を紹介してもらえます。

求人サイトの非公開求人がおすすめ

求人サイトでは登録した人だけが見られる非公開求人を保有しています。その中に自分の希望条件にピッタリの求人が見つかることがあるので、まずは無料登録をしてみるといいでしょう。

まとめ

シングルマザー看護師が働く場合、少しでも通勤時間が短いところで、かつ収入を確保できるように夜勤でも働ける24時間託児所があるところが理想です。母子寮と託児所がある職場なら、シングルマザーでも働きやすい環境が整っているのでおすすめです。

母子寮は職場から近い、家賃が安い、同僚も入居しているので相談や助け合いができる、夜勤・残業が可能なので収入UPが見込めるといったメリットがあります。

一方、同僚の入居者に気を使う、プライバシーが漏れやすいなどのデメリットもありますが、自分で何を優先させたいのかをよく考えて選ぶようにしましょう。

母子寮や24時間託児所がある求人は意外と少ないので、看護師専門の求人サイトで非公開求人を調べてもらったり、コンサルタントに相談したりするのがおすすめです。

看護師転職サイトを地域から探す

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます