看護師の求人、病院に直接応募する場合のメリットやデメリット、注意点はなに?

看護師さんが再転職をするときに、看護師求人サイトなどを利用する方法以外にも自分で病院のHPを見たり、電話で問い合わせたりして直接応募する方法があります。ですが、初めての転職や直接、病院に応募した経験がないと不安なものですよね。

今回は、看護師さんが求人探しをするときに、直接応募する方法やそのメリット・デメリット、注意点などについてお話ししたいと思います。

看護師の求人探し~病院に直接応募するメリットは?

① 面接や見学~採用までの流れが早い

自宅から近い場所にある病院や希望する病院があれば、病院のHPの採用案内ページを見たり、電話で採用の有無を問い合わせれば、たいてい病院の見学をすることができます。また、病院側の方から「見学(面接)に来てください」と言われる場合もあります。

看護師側と病院側で見学や面接の日時を決めてすぐにでもお互いの条件が合えば、見学から採用まで1週間以内で採用が決定する場合もあります。このように、間に看護師仲介サイトが入らないと、見学や面接~採用までの流れが早く進むというメリットがあります。

② 採用されやすい

看護師側は看護師仲介サイトを無料で利用できますが、病院側は看護師仲介業者が仲介をして看護師を採用した場合、仲介業者に多額の成功報酬を支払わなければいけません。病院側にすれば看護師を採用するために多額のお金が発生するので、直接応募してくれる看護師さんは有難い存在なのです。

また、病院に直接応募をして就職を希望してくれるということが好印象となり、採用されやすいというメリットがあります。病院側としては同じ条件の看護師さんが2人いれば、お金がかからない個人応募の看護師さんの方を採用するというわけです。

病院によっては、HPに「直接応募してくれた方を優先して採用します」などと書かれている病院もあり、看護師さんの経験や条件とは別に、応募方法が採用の有無に多少なりとも影響することは事実のようです。

③ 自分のペースで応募ができる

看護師仲介サイトを利用した場合、仲介サイトから「○○病院へ見学に行きませんか?」などと催促の電話があったり、「△△病院はどうですか?」など病院への就職をおすすめされる場合があります。

仲介サイトからのおすすめやアドバイスが再就職の背中を押してくれる場合もありますが、自分のペースで病院をじっくり考えたい場合は余計迷う結果になりかねません。

直接応募する場合は、自分が見学をして好印象を持てば自分のペースで応募、採用までつなげることができるので、自分でじっくり再就職先を考えたい人は直接応募する方法がよいかもしれませんね。

オススメ看護師転職サイト

看護師の求人、病院に直接応募する場合のメリットやデメリット、注意点はなに?

看護のお仕事」がおすすめの理由

  • 全国12万件以上の医療機関情報
  • 給与や福利厚生など聞きづらい内容を代理交渉
  • 転職後のアフターサポートも万全
\簡単!1分で登録完了/看護のお仕事を見てみる

看護師の求人探し~病院に直接応募するデメリットは?

① 聞きたいことが聞きづらい

直接病院に応募する場合、全て自分で連絡をして見学や採用条件等も聞くため、自分が本当に聞きたいことや、病院側にとって耳が痛い話しなどは聞きづらいというデメリットがあります。また、希望条件などの交渉もしにくいです。

また、どうしても病院側は看護師に働きに来て欲しいため、病院の良い点ばかりを伝える傾向があり、看護師側は客観的に病院の条件や病院の雰囲気が見られなくなってしまう場合があります。

② 採用のお断りがしにくい

直接病院に応募する場合、病院に見学にきただけのつもりが採用面接のようになってしまい、「いつから働きにこられますか?」と聞かれたり、「採用しますので是非うちに来てください!」などと押し切られてしまうと、就職先をまだ考え中でもお断りや保留を言い出しづらくなってしまうというデメリットもあります。

③ 第三者の意見や病院の様子を聞くことができない

自分で応募する場合、病院の情報がHPやネットでしか知ることができず、病院側の実態や様子など内部の情報を詳しく知ることができないというデメリットがあります。

その点、看護師仲介サイトが間に入った場合、サイト会社が持っている内部情報や病院の細かい条件、就業状況なども教えてもらえる可能性があり、外部の知らない情報を得ることができます。

④ 再就職のサポートや面接対策が受けられない

自分で応募をする場合、常勤で働くのか非常勤にするのか、また派遣にするのか、また子育て中のママナースの場合、働きやすい就職先はどこか、人間関係が心配な場合の就職先はどこがいいかなど、自分のライフスタイルに合わせた働き方や働き先を自分で考えなければいけません。また、病院によって違う面接の仕方や履歴書の書き方も自分で対策をしなければいけません。

看護師仲介サイトを利用した場合、さまざまな働き方のアドバイスがもらえたり、就職先の面接や履歴書の書き方などを教えてくれる場合もあるので、うまく利用すればとてもいい就職ができるでしょう。

このように、直接病院に応募をして就職を目指すのか、看護師仲介サイトを通して就職を目指すのかはそれぞれメリット、デメリットがあります。大切なことは自分に合う方法で、自分が納得した就職先を決めるということです。

病院に直接応募する場合の方法や注意点

では、直接病院に応募をする場合、どのような流れを踏めばよいのでしょうか。その方法や注意点を見ていきましょう。

就職までの手順 ポイント 注意点
① 病院のHPを見たり、実際に病院に行って就職したい病院をいくつか決める
  • 自分の就職条件を書き出しておき、分かる範囲で条件に合う病院を見つけておく
  • 自分で探す以外にも看護師仲介サイトもうまく利用すると効率がよい
  • HPだけではなく実際に病院に行ってみて雰囲気や通勤時間なども確かめるとよりよい
  • 第1希望~第4希望など一つではなくいくつか希望する病院を探しておく
  • 自分の条件で妥協できるポイントがあるなら、それも決めておく
② 病院に電話をして採用の有無や見学ができるかなどを問い合わせて見学の日時を決める
  • HPなどに採用情報が無くても募集している場合もあります。電話で採用の有無や見学を確かめましょう
  • ある程度、自分の条件は先方に伝えておきます(常勤希望や非常勤希望、子育て中で夜勤はできないなど)
  • 見学の日時はきちんと確かめて間違いのないようにしておく
  • 見学だけでも履歴書や看護師免許のコピーが必要な病院があります。かならず用意しておきましょう。
  • 見学だけでも服装やメイクには気をつける
③ 見学(面接)をする
  • 聞きたいことはあらかじめ書き出して聞けるようにしておく
  • 言い辛い条件があるなら、履歴書に先に書いて提示しておくとよい(週2~3日しか働けない、短時間勤務を希望、院内保育所希望など)
  • 病院の得意分野や力を入れている箇所などは把握しておくとよい
  • なぜこの病院に働きたいと思ったのかを口頭で言えるようにしておくと好印象
  • 見学だけでその場で「就職します」と口約束はせず、必ず○日までにご返事致しますと答えるようにする
④ 採用の合否を待つ、もしくは採用の有無を伝える
  • お断りをする場合は、前向きな言葉で断わりを入れるようにするとよい(例:病院ではなく地域で保健師として挑戦してみたいと思っております…など)
  • あなたを採用したいと先方から言われている場合、就職の有無をどうするのかを必ず答えるようにする
  • 看護師仲介サイトも利用している場合、採用が決まったことを伝えておかないといつまでもおすすめの電話があるので注意しましょう
⑤ 実際に働き始める
  • いつから働くのか、院内保育所などの手配など細かい条件を合わせます
  • 無理のある条件だと続かないので、自分の条件を十分に伝えて考慮してもらうようにしましょう

就職の決め方はいくつかあるので、自分に合う方法を利用して

看護師の再就職の決め方は色々な方法があります。代表的なものでは、自分で応募する方法以外にも看護師求人サイトを利用する方法や看護師の先輩や仲間に紹介してもらう方法などもあります。就職の方法はそれぞれメリットやデメリットがあるので、いろいろな方法をうまく利用して自分に合う病院をじっくり決めることが大切です。

押し切られて就職を決めたり、妥協して最就職を決めるのではなく、スケジュールや気持ちにも余裕を持って決めることが大切です。採用条件の確認や条件の交渉も積極的におこなって、納得できる就職ができるとよいですね。

看護師転職サイトを地域から探す

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます