「看護のお仕事」は単発バイトは少ない?短期派遣で探すのがおススメ

「看護のお仕事」は単発バイトは少ない?短期派遣で探すのがおススメ

単発バイトを探す人にとって求人サイト「看護のお仕事」は使いやすいのでしょうか?
単発バイトの求人の有無や仕事の探し方、また単発バイトよりもメリットがある「短期派遣」についても書いています。

看護師の単発バイトとは

まずは単発バイトとはどんな仕事なのか、見ていきましょう。

看護師として働く場合、正職員(常勤)、パート・アルバイト、派遣、契約社員などさまざまな雇用形態があります。いずれも雇用契約を結んだら長期間働くことが前提ですが、中には「その日だけ」という単発のお仕事もあります。これを「単発バイト」と言います。

単発バイトは自分の空き時間だけ働くというもので人気がありますが、そう都合よく自分の空き時間に合う求人がないので仕事探しは難しいと言われています。

看護師の常勤・パート・アルバイトと単発のメリット・デメリット

常勤とはフルタイムで働く正社員(正職員)のことで、給与は月給制で支払われます。

一方、フルタイムではないパートやアルバイトは「非常勤」と呼び、給与は時給で計算して支払われます。単発の場合も時給や日給で計算して支払われます。

それぞれのメリット・デメリットは次の通りです。

働き方 メリット デメリット
常勤(正職員) ・基本給+各種手当で収入が多く安定する
・ボーナスがある
・昇給がある
・各種社会保険や福利厚生が受けられる
・長く働ける
・夜勤や残業を求められることが多い
・職場の勉強会や会議の参加が多い
・責任あるポストを任されるので負担が増える
・長く同じ職場で働くので人間関係で悩むことがある
非常勤(パート・アルバイト) ・残業や夜勤が少ない
・労働時間が短いので家事や子育てとの両立がしやすい
・チームリーダーや看護師長などの役職に就くことがないので責任が重くない
・給与は時給で計算されるので勤務日数が少ない月は収入が減る
・昇給がない(または少ない)
・ボーナスがない(または「寸志」程度の少額)
・各種手当や福利厚生が少ない
・仕事のキャリアアップができない
・産休や育児休業、介護休業を取るには一定の条件がある
派遣社員 ・派遣先が自分に合わなかったら別の職場に変えてもらえる
・時給や日給がパート・アルバイトよりも高い
・雇用が不安定
単発バイト ・自分の空いた時間だけ働ける
・家庭の都合やプライベートを充実できる
・残業や夜勤が少ない
・職場の人間関係で悩むことがない
・各種社会保険がない
・収入が不安定
・希望する日に仕事が見つからないケースがある
・社会的な信用がないのでローンやクレジットカードの申し込みなどが難しい

単発の仕事はメリット・デメリットを理解した上で探すことが大切

単発の仕事は毎日出勤しなくてもいい気軽さやプライベートが充実するといったメリットがある一方、収入が不安定で社会保険がなく社会的な信用も低いというデメリットがあります。

これらを十分理解した上で仕事を探すようにしましょう。

単発の仕事が向いているケース

ただし、単発の仕事が向いている、または都合がいいというケースもあります。

  • 子育て中だが週に2日は家族が子どもを見てくれるので、その日だけ働きに行きたい
  • 休職中だが、そろそろ復帰したいので仕事に慣れるために単発の仕事をやりたい
  • 親の介護があるので常勤の仕事はできないが、デイサービスがある日だけ短時間でもいいから働きたい
  • 夜勤専従だが次の夜勤まで時間が空くので、その間だけ働きたい
  • ずっと看護師として働くには心身ともに負担があるが、単発なら資格を活かして働ける

このような事情がある場合は毎日の出勤は難しいかも知れませんが、単発の仕事なら可能ですね。

看護師の単発の仕事は「看護のお仕事」で見つかる?

では、求人サイト「看護のお仕事」で単発の仕事が見つかるのかどうか、確認してみましょう。

「看護のお仕事」の特徴

看護のお仕事は正職員(常勤)の求人の他に、パート・アルバイトといった非常勤、そして派遣の求人を多く取り扱っています。
また、次のような特徴があります。

  • 全国12万件以上の事業所情報を保有
  • 職場の内部情報に詳しい
  • アドバイザーが待遇を交渉

このように求人票の紙面だけの情報ではなく、実際に職場の雰囲気や人間関係、離職率などを把握しているので、自分に合う職場かどうかを考えた上で紹介してもらえます。

「看護のお仕事」では単発バイトの求人は少ない?

ただ、看護のお仕事では求人を検索する際に「単発バイト」として探そうと思っても、そのような項目がありません。

単発やスポット、短期間だけの仕事を探している場合は「派遣」で探してみましょう。派遣期間が1ヶ月~3ヶ月や半年といった短い期間だけ働く「短期の派遣」の求人が多くあります。もちろん1日だけとか週に1日だけという単発の募集もあります。

単発の仕事を探す場合は、空いた日がわかった時点でその都度求人を探さなければなりません。しかし、短期の派遣は登録しておけば、条件に見合う派遣先を紹介してもらえます。

派遣先との相性が良ければ、次の募集時にも「この人に」とご指名が受けやすくなります。

「看護のお仕事」はスタッフのフォローが厚い

単発バイトや短期派遣は、勤務先がコロコロと変わります。常勤のように一ヶ所でずっと働くわけではありません。そのため、毎回慣れないところに出向くことになります。

人間関係のわずらわしさがないというメリットはありますが、場所がわからない、仕事でトラブルになったら……などの不安がありますよね。

そんな場合でも「看護のお仕事」に登録すれば、担当のアドバイザーが相談やフォローにあたってくれます。

自分では解決できない場合でも、雇用先に掛け合ってくれるのでとても心強いですよ。

<2>看護のお仕事」で短期派遣を探す方法

では、「看護のお仕事」で短期派遣を探す方法をご紹介します。まずは、「看護のお仕事」に登録することがスタートです。
登録は無料なので気軽に登録してみましょう。

「看護のお仕事」に登録して非公開求人をチェック

「看護のお仕事」は多くの求人情報を取り扱っていますが、中でも必見なのは一般には公開されていない「非公開求人」です。

これは「看護のお仕事」に無料登録した人だけが見られる好条件の求人情報です。単発バイトや短期のお仕事を探す人はぜひ非公開求人を見てみましょう。

求人サイトはこまめにチェック

単発や短期派遣の募集は急に発生することがあります。しかも、募集人数はそれほど多くありません。そのため、早くに募集が打ち切られることがあります。

迷っている時間がないので、自分のスケジュールをよく確認しながらこまめに「看護お仕事」求人サイトの募集案件をチェックしましょう。

サイトでは、希望の条件(勤務地、勤務期間など)を入力して検索できるようになっています。また、条件に合う求人があればメールが届くシステムもあるので、メールもこまめにチェックしましょう。

「看護のお仕事」のアドバイザーに希望条件を伝えておく

自分で求人サイトやメールをチェックするのも大切ですが、忙しくしていると見落としてしまうことがあります。

希望の求人情報を確実にゲットするためには、アドバイザーに希望条件を伝えておきましょう。他の人に決まる前に紹介してもらえます。

まとめ

看護師の資格を持っていても常勤では働けないという場合は、1日だけの単発のお仕事があります。ただ、自分の希望する勤務日に合う求人は意外と少ないものです。

そんなときは短期の派遣で働く方法があります。単発バイトや短期派遣は収入や雇用が不安定で各種社会保険がないなどのデメリットがありますが、さまざまな事情で毎日出勤できない人や長期間勤められないという人におススメの働き方です。

仕事は「看護のお仕事」に登録すれば、多くの求人情報が見られます。専任のアドバイザーが親身に相談に乗ってくれますし、採用後のフォローもあるので安心です。

看護師転職サイトを地域から探す

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

看護師に人気の記事一覧